廃車の手続き時に、リサイクル券を無くしていても大丈夫です!

手続き

廃車する時に自動車リサイクル券は必要ですが、実際は無くしても大丈夫です。しかも、役所に出向いて手続きをする必要はなく、自宅で対処することができます。今回は自動車リサイクル券を無くした場合の対処方法、そもそも自動車リサイクル券とは何か、リサイクル料金について説明します。

廃車する時に、リサイクル券を紛失してしまった

自動車リサイクル券を紛失した場合、再発行をすることはできません。しかし、「自動車リサイクル料金の預託状況」を代用することで廃車することができます。プリントアウトをゴールに次の手順で発行します。

車両検索のページで車両情報を入力する

「自動車ユーザーの方」ページに行きます。

「使用済自動車処理状況検索」をクリックすると別ウィンドウで車両検索のページが表示されます。車両情報で入力する項目は次のとおりです。

  1. 車両区分と車台番号を入力する
  2. 「登録番号/車両番号」または「リサイクル券番号」のいずれかを入力する
  3. 右下にある「検索」ボタンをクリックする

検索結果をプリントアウトする

検索結果では、リサイクル券番号とリサイクル料金の情報の欄に「預託済み」と表示されます。左上にある「画面印刷」から自動車リサイクル料金の預託状況をプリントアウトします。

そもそも自動車リサイクル券とは?

リサイクル券とは、廃車をする時に自動車メーカーなどの業者に対して自動車のリサイクルは義務付ける目的で、所有者が料金を負担する制度です。そのため、廃車する時には基本的にリサイクル券が必要となります。

自動車リサイクル料金はいくら?

自動車リサイクル料金はメーカーや輸入業者への支払い分と自動車リサイクル促進センターへの支払い分に区分されます。具体的には次の表のとおりです。

支払対象者 料金の内訳 内訳の内容 リサイクル料金
自動車メーカー

(輸入業者)

シュレッダーダスト料金 使用済自動車を解体・粉砕した後に残るシュレッダーダストのリサイクルに必要な料金 6,000円~1万8,000円程度
エアバック類料金 エアバック・シートベルトブリテンショナーの回収とリサイクルに必要な料金
フロン類料金 カーエアコンに充てんされるフロン類の回収と破壊に必要な料金
自動車リサイクル促進センター 情報管理料金 リサイクル工程に回った使用済自動車の状況を電子料金で管理するために必要な料金 130円
資金管理料金 リサイクル料金の収納および管理・運用を行うために必要な料金 290円

(使用済自動車引取時は410円))

参考:「リサイクル料金」

リサイクル券を紛失してしまっても、慌てずに

リサイクル券がないと廃車をすることはできません。しかし、自動車リサイクルシステムから「自動車リサイクル料金の預託状況」を自宅でプリントアウトすれば、リサイクル券の代わりとなり、廃車をすることができます。万が一リサイクル券を紛失しても、慌てずに対処しましょう。