車の所有者が亡くなったときの廃車方法

不幸にもご両親が亡くなった時など、故人が使用していた自動車の廃車はどうしたらいいか分からないことがあります。

この記事では、所有者が亡くなったときに車を廃車する方法を紹介します。

所有者が亡くなっている車の廃車を行う基本的な流れは遺産相続→名義変更→廃車になります。

軽自動車の場合には、遺産相続がないため名義変更→廃車になります。

車も遺産相続の対象になる

普通自動車も遺産相続の対象になります。亡くなった人に代わり、車も遺産として相続しなくては廃車も出来ません

相続人の第一順位は子供、第二順位は父母、第三順位は兄弟姉妹となっていますが、配偶者はいずれの場合も相続人となります。

ただし、軽自動車は遺産相続する必要はないので注意してください。

普通自動車の遺産相続と名義変更

普通自動車の所有者が亡くなられた時は、所有者を相続人に変更し相続します。

相続人には、単独相続人と複数人存在する相続人が協議を行い決定する相続人があります。

こちらでは相続人が複数人存在する場合を紹介いたします。

故人から相続人に名義変更をする

複数の相続人の中から1人の相続人だけが所有する場合は単独相続、複数の相続人で所有する場合は共同相続となります。名義変更の際には単独相続と共同相続で必要な書類が変わるので注意してください。

単独相続の際に必要な書類など

遺産分割協議によって代表相続人が名義変更する際に必要な書類を紹介します。

  • 自動車検査証
  • 戸籍謄本もしくは戸籍の全部事項証明書など(死亡と相続人全員がわかるもの)
  • (※1)遺産分割協議書
  • (※2)印鑑証明書(代表相続人)
  • (※2)代表相続人の実印また本人が来られない場合は委任状
  • (※3)車庫証明書
  • 申請書(OCRシート1号)
  • 手数料納付書
  • 自動車税申告書

(※1)遺産分割協議書には相続人全員の実印、相続人の中に未成年者がいる時は特別代理人の押印が必要。

(※2)印鑑証明書は発行した後3ケ月以内のもの、委任状は実印を押印したもの。

(※3)車庫証明書は、証明後40日以内のもの。ただし、車庫証明は被相続人と相続人が同居の家族の時は必要がない場合があります。

共同相続の際に必要な書類など

相続人全員によって名義変更する際に必要な書類は次の通りです。

  • 自動車検査証
  • 戸籍謄本もしくは戸籍の全部事項証明書など(死亡と相続人全員がわかるもの)
  • (※1)相続人全員の印鑑証明書
  • (※2)相続人全員の実印もしくは本人が来られない時は委任状
  • (※2)新所有者以外の相続人全員の譲渡証明書
  • (※3)車庫証明書
  • 申請書(OCRシート1号)
  • 手数料納付書
  • 自動車税申告書

(※1)印鑑証明書は発行後3ケ月以内のもの。
(※2)譲渡証明書や委任状は実印を押したもの。
(※3)車庫証明書は、証明後40日以内のもの。ただし、車庫証明書は被相続人と相続人が同居の家族の時は必要がない場合があります。

名義変更の流れ

上記の書類などがそろったら、亡くなった人に代わり新しい所有者が住んでいる地域を管轄する陸運支局に出向いて、名義変更を行います。

軽自動車の名義変更

普通自動車と軽自動車で相続の手続きが異なるので紹介します。

名義変更をする

遺産相続がない分、普通自動車と比較して軽自動車の名義変更の手続きは簡単です。

軽自動車の名義変更に必要な書類など

  • 自動車検査証
  • (※1)住民票(使用者と所有者)
  • 自動車検査証記入申請書
  • (※2)軽自動車税申告書
  • (※2)自動車取得税申告書
  • 使用者の印鑑
  • 所有者の印鑑
  • 旧所有者の印鑑

(※1)住民票は発行されてから3か月以内のもの。

(※2)軽自動車税申告書や自動車取得税申告書は軽自動車検査協会などの窓口で入手できます。

 軽自動車の名義変更の流れ

必要な書類などを揃えて、亡くなった人に代わり軽自動車検査協会で行います。

ディーラーまたはローン会社が車の所有者の場合

亡くなった人が使用者ディーラーまたはローン会社が車の所有者となっている場合があります。

使用者と所有者は、自動車検証に記載されているので確認してください。

ローンの残額が残っている場合

亡くなった人が使用者になっている場合で考えられることは、故人のローンに残額があるケースです。ローンの残額は相続人へ引き継がれることになりますので、相続人がローンを支払うことになります。

使用者が亡くなった場合は一括でローンの残額を支払わなければならないことが多いので注意が必要です。

ローンを引き継ぎたくない相続人は、自動車買取業者などに依頼して自動車の見積もり額を出してもらい、自動車買取業者などからローン会社へ見積もり額を支払ってもらう例があります。それでもローンの残額が残ったら相続人が払うことになります。

このようなことからローンの残額がある場合は、ローンを完済してから廃車となります。

ローンが完済している場合

ローンが完済されていても使用者が亡くなった人であることがあります。ディーラーやローン会社が所有者であった場合、ローンが完済されていてもディーラーやローン会社が名義変更をすることはありません。そのため、所有者がディーラーやローン会社になったままでは廃車できませんので、ディーラーやローン会社に所有者が亡くなったことを伝え所有権解除してもらってからの廃車となります。

名義変更までした後の廃車方法

普通自動車の場合でも、軽自動車の場合でも名義変更まで終わったら通常の廃車と変わりません。

通常の廃車に関しては「廃車の引き取りは無料が当たり前!その理由と依頼する時の注意点」、「廃車にかかる費用はいくら?相場や受け取れる還付金について」、「廃車の手続きの流れ」を参考にしてみてください。

まとめ:車の所有者がなくなってしまった場合の廃車方法

ご紹介したように、亡くなった人が所有する車を廃車するためには遺産相続や名義変更が必要となります。

また車は相続してから15日以内に名義変更しなければならないので、注意してください。

ご自身で手続きを終わらせる自信がなく、また廃車することまで決まっていれば廃車買取業者に相談してみることをオススメします。

→事故車を高く売りたい!査定基準と買取事例
→不動車でも買取してもらえる!動かな車の廃車方法