廃車を買取りしてほしい!知っておきたい廃車買取の知識

車を廃車するというのは、普段あまり経験しないことかもしれません。
でも、万一事故が起きたりして、車を修理せずに買い換えるような状況になった時や、長期間車に乗らないときに車の税金や保険をその期間払いたくないときには廃車の手続きが必要となってきます。

では、廃車というのは一体何を示すのか、どんな手続きが必要なのか?廃車にまつわるお金の話など、あまり一般的には知られていないのではないでしょうか。

そんな廃車についての基礎知識について説明します。

そもそも廃車って何?なぜ廃車を買取してもらえるの?

廃車
そもそも、「廃車」と聞いてどんなことを思い浮かべるでしょうか。多くの人は、スクラップ工場などで自動車をぺしゃんこにして積んでおくようなイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。

確かに、車をスクラップにするのも廃車ですが、廃車には2つの種類があることをご存知でしょうか。

廃車の方法は2つあるって知っていました!?

本来の「廃車手続き」とは自動車の登録を削除すること。つまり、ナンバープレートを返却することを言います。

そのための「廃車」手続きには2つの方法があります。

一時抹消

しばらくの間その自動車を使わないことが確定している場合、一時抹消手続きを行うことによってその車の登録を削除できます。次に登録手続きを行ってナンバーをつけるまで、自動車税や重量税などの税金や保険の費用がかからなくなるメリットがあります。

永久抹消

その車を二度と登録せずに処分する場合に永久抹消の手続きを行います。永久抹消すると、その車は廃棄処分ということになります。

廃車を買取してもらう?

廃車買取は、お持ちの車を使わなくなった時に、車ごと買取させていただき登録抹消手続きや税金や保険の還付金のお手続きを代行してもらうことができるのです。

たとえば、まだ乗れる車でも下取り価格が0円や逆に処分費用を請求された時、事故で修理せずに廃車するときなどには廃車買取を検討してみてはいかがでしょう。

廃車はなぜ買い取ってもらえる?

車にはたとえ中古車市場で人気がない車でも、自動車の部品や鉄などの金属としての価値は存在しています。
そのため、下取りや買取で値段がつかないような不人気車や、故障して動かなくなった不動車でも、はたまた事故車でも買取することが可能なのです。

自分で廃車するとお金がかかる!だから廃車買取がおすすめ!

レッカー車

自分で廃車にするとこんなに費用がかかる!

車を使わなくなった時や故障や事故で車が動かなくなったとき、自分で廃車にしようとすると意外と費用がかかります。

まず、陸運局で永久抹消の手続きを行うのに、行政書士などに依頼すると2,000円程度の費用がかかります。(もちろんご自分で手続きすれば無料です。)

また、自動車を最終的に処分してもらうのに処分場まで自走できれば良いですが、自走ができない場合にはレッカー費用または、陸送費用がかかります。こちらも通常10,000円から20,000円かかります。

自動車を処分するのには、さらにリサイクル券を処分業者に渡す必要があります。リサイクル券は、車の購入時にリサイクル料金を支払いしている場合には問題ありませんが、車の購入時にリサイクル券を購入していない古い車の場合には費用を支払う必要があります。

ちなみに、購入時にリサイクル料金を納める制度がなかった時期の車の場合、
平成17年2月以降に車検を受けた車は車検時にリサイクル券の費用が徴収されています。

リサイクル券がない場合の費用はおおよそ次の通りです。
軽・小型車:7,000 円〜16,000円程度
普通車:10,000円〜20,000円程度

そして、それとは別に自動車を処分するための費用がおよそ2万円ほどかかってしまいます。

これらの費用を全部合計すると5万から10万円の出費は覚悟しなければならないことになります。

廃車買取に依頼すれば、お金が帰ってくるかも

このように、車を廃車するのには意外に多くの費用がかかることがおわかりでしょう。
廃車買取であれば、これらの費用が0円になるばかりか、さらに買取査定がついてさらにお金を得ることができるかもしれないのです。

しかも、見積もりは無料ですので廃車買取の見積もりを依頼して損することはないのです。

廃車を引き取る費用が無料である理由と注意点

廃車買取で税金が返ってくる?還付金について

お金

自動車を廃車(抹消手続き)すると、税金などの払い戻しがあることをご存知でしょうか。
払うときはつらい税金も、戻ってきたら嬉しいものですよね。

自動車税還付金

自動車税は、毎年4月1日時点に車を所有している人にかかかる税金です。
自動車税は1年分を一括で納付するので、1年の途中で廃車手続きした場合には月割りで税金が還付されます。

ただし、月割りですので3月に廃車手続きを行った場合には還付金は帰ってこないので注意が必要です。逆に手続きが4月に入ってしまうとさらに1年分の自動車税の請求書が届くことになるので年度末の廃車手続きは急ぐに越したことはありません。

自動車重量税

自動車重量税は、自動車の購入時や車検時に支払う税金です。基本的に次の車検までの期間分を一括で払いますので、車検が1ヶ月以上残っている場合には重量税の還付金も受け取ることができます。

こちらも、永久抹消した場合には永久抹消登録を行った日が還付金計算の基準日になりますので車検切れが近い場合には注意する必要があります。

自賠責保険料

自賠責保険も、自動車購入時または車検時に次の車検までの保険料を支払う仕組みになっています。
自賠責保険の還付金(解約返戻金)は契約の保険開始日、契約の保険期間、解約日(廃車時)から満期日までの残り期間(未経過期間)に考慮して算定します。「本州、北海道本島、四国本島、九州本島」や離島によっても金額は異なります。ちなみに離島や沖縄の場合は支払いの金額自体が本州の半額程度ですので還付もそれに伴った金額になります。

押さえておきたい廃車買取の流れ

廃車を買い取ってもらいたい。廃車をいくらで買い取ってもらえるのか査定してもらいたい。そう思った時には是非廃車本舗にお問い合わせください!

STEP1/廃車査定のご依頼

廃車査定のご依頼はお電話でご相談を受け付けております。

電話でのご依頼
0120-788-100  午前9時から午後10時まで受け付けています。
年中無休(GW・お盆・年末年始以外)

※車検証を事前にFAX(075-813-5657)またはメール(car@ihm.jp)でお送りいただくとその後の書類作成などが迅速に進みます。

STEP2/買取査定金額のご回答

当日または翌営業日中にご回答申し上げます。
金額をご了承いただけましたら、当社よりご成約内容の確認書類を郵送致します。

※契約書作成のために車検証が必要となりますので、Step1にて車検証をご送信頂いていない場合は、FAXまたはメールにてご送信下さい。

STEP3/必要書類の準備・郵送

必要書類をご準備いただきましたら当社よりお送りする返信用レターパックに入れ、ポストに投函してください。

STEP4/お引き取り日の確認・廃車の引き取り

必要書類の確認が終わり次第、お引き取りの日時を確認し、担当スタッフがお引き取りにお伺いいたします。
※ レッカー車でお引き取りの場合は、前面道路幅や進入経路などをお伺いする場合がございます。

STEP5/廃車手続き及びご入金

車のお引き取り後、2〜3営業日(土日祝除く)以内にお客様の銀行口座に買取金額をお振込みいたします。
※ 当社にて廃車手続き完了後、「登録識別情報等通知書」または「自動車検査 証返納証明書」のコピーを郵送致します。

私の愛車はいくらになるの…?まずは廃車の買取査定

  • 事故を起こして車を廃車にしなければならない。
  • 車を買い換えようと思ってディーラーの下取り査定に出したら0円どころか処分費用を請求された。
  • 故障したり車検切れで動かせないけれど、処分の手続きなどが面倒で放置してしまっている車がある。

そんな時でも、廃車買取査定ではプラスの査定額で買取させていただけます。
車の処分にお困りの場合には、廃車本舗に是非ご相談ください。
事故車や故障で動かせない車の場合でもお引き取りにお伺いしますのでご安心ください。

まずは、一度買取査定を依頼いただければ、あなたの愛車を高く買い取ってきっちり処分いたします。もちろん税金や保険の還付手続きも無料で対応いたします。

まとめ : 覚えておきたい廃車買取の知識

車を廃車にするには、それなりの手続きと費用が必要です。
廃車するための手続きをご自分で行おうとすると多大な手間がかかり、処分するのにも費用がかかることがお分かりになったと思います。

また、自動車を廃車した際には税金や保険の還付を受けることができます。
これらも、処分に必要な手続きを行って初めて受け取ることができるもので、放置すればするほど受け取ることのできるお金は減っていってしまいます。

廃車買取査定に出せば、これらの面倒な手続きを全て任せることができるだけでなく、価値がないと思っていた愛車に値段がつく可能性があり、買い取ってもらうことができるのです。

車の処分に困った。そう思っている方はできるだけ早く廃車買取査定を依頼することをおすすめします。