故障した車でも下取りに出せる!査定額の目安を徹底解説!

大切に乗っている愛車でも、故障や不具合は免れないもの。新しい車に乗り替えることになった時、故障してしまった車はどのように処分するべきなのでしょうか?ついきれいな状態じゃないと下取りしてもらえないと考えがちですが、実はそんなことはありません。どんな状態なら下取りに出せるのか、故障の程度によってどれくらい査定額に影響するのか、下取り以外での故障車の処分方法など、徹底解説いたします!

状態によっては故障車も下取りに出せる

お車の状態によっては、故障車でも下取りに出せます。故障の程度によって、さほど査定額に影響を及ぼさないものもあれば、お値段がつかないということも。手放すお車をよりいい条件で引き取ってもらうためには、どんな点に気を付ければいいのでしょうか?

故障車によっては下取り以前に処理費用がかかる場合も

お値段がつかないお車でもディーラーが引き取ってくれる場合もあるようですが、廃車にかかる費用は実費となり、結果的にお車を手放すのにもお金がかかったと言うケースも出てきます。

ディーラーからすると廃車にするお車には価値がありませんので、廃車のお手続きにかかる手間やお金が手数料として
かかってきます。

新車の納車と同じタイミングで引き渡しができるという利点や、別の会社に再度査定を依頼する手間のことを考えると、数千円~数万円の処理費用を支払ってでもそのままディーラー引取りを依頼する方も少なくないようです。

廃車買取業者に廃車を依頼する手もある

処理費用がかかるようなお車を廃車専門の買取業者で引き取ってもらうのも一つの手です。廃車買取業者は市場では価値がゼロのお車でも
解体してリサイクルするルートを持っているので、費用ゼロで引き取ってもらえるだけでなく鉄資源としていくらかで買い取ってもらうことも可能です。
事故などの損傷が大きかったり、故障の程度が重くてもお引取が困難な場合を除いては有料で引き取ってもらえる場合がほとんどです。
査定の依頼が面倒に感じがちですが、実は廃車前提でのお車は面倒な現車査定や写真査定などが必要なく、電話1本で車の状態を申告するだけで
大体の査定金額を教えてもらえるので査定だけでもしてみる価値はあるかもしれません。

こんな故障車でも下取り可能?査定額の目安をご紹介

故障の原因によって、下取りの査定額は大きく変動します。
本体や各部品の損傷が、査定額にどのくらいの影響を及ぼすのかを項目ごとにご紹介します。

バッテリー切れ・ライト切れ【減額/小】

故障といっても、バッテリー上がりやライト切れなど比較的軽度の場合は、下取り額にはほとんど影響しません。これらの故障なら部品交換だけで修理できるため、マイナス査定になったとしても微々たるものです。

完全に動作する車より下取り額が多少はマイナスになるのは確かですが、大幅な減額はないと考えて

おきましょう。

キズ・凹み【減額/小】

傷や凹みも下取り査定では減額の対象ですが、軽度なものであれば、マイナス額もそれほど大きくはありません。小さな傷や凹みであれば修理が簡単な上に下取り額への影響はほとんどないと考えましょう。

ただし、大きな傷や凹みは大幅な減額対象となることもあるので注意が必要です。これも傷の程度によって異なりますが、フレーム部分に影響するほどの傷の場合は、20万円以上マイナスされることもあります。大きすぎる傷は修理に手間もお金もかかりますし、フレームが傷ついているとなれば、修復歴がついて車の価値が一気に下がるため、査定額のマイナスも大きいです。

カーナビ【減額/中】

エアコンやカーナビなど、内部のオプションも査定の対象となります。軽度の故障で動かない場合は、修理が必要になるため、3万円程度のマイナスになります。

電気系統の故障はバッテリーなどによるものも多いです。もしも、バッテリー交換で直った場合は減額とはなりません。

ただし完全に故障し、修理ができない場合は付け替えとなりますので、10~20万円程度の減額が発生します。車両本体の下取り価格が低い場合は、逆にお金を取られてしまう可能性もありますので、注意が必要です。

もしも費用がかかる場合は無理に下取りに出さず、廃車買取専門店に売りに出すのが賢い選択です。