これは便利!1日単位で加入可能な任意保険の魅力とは?

みなさんは1日24時間単位で加入可能な自動車の任意保険の存在をご存知でしょうか?任意加入の自動車保険と言えば、1年契約や3年契約が基本ですが、実は24時間単位で加入可能な便利で融通の利く超短期の任意保険があるんです。更にスマートフォンやパソコンや最寄りのコンビニから簡単に加入手続きが出来る優れもの!今回はそんな1日単位で加入可能な自動車の任意保険の魅力についてご紹介します。

自動車の任意保険はなぜ必要か?

加入が任意である自動車保険の加入率は全国平均で90パーセント程度で、自動車を所有して運転している方のほとんどが加入していると言っても過言ではありません。ではそもそもなぜ加入が強制ではなく任意の自動車保険に加入する必要があるのでしょうか?

強制加入保険ではカバーしきれないから!

日本国内の公道を走行する為に、日本では自動車に強制的に加入する義務がある強制保険があります。これは「自動車賠償責任保険」呼ばれ、軽自動車・普通車問わずに必ず加入する必要があります。自動車を所有していても実際にいつ加入しているのかピンと来ない方も多いかもしれませんが、一般的には車検受験時に車検期間分である24カ月分や12カ月分加入しています。所謂「車検費用」の内訳をみれば、必ず「自賠責保険料」という項目があるはずです。

強制加入である自賠責保険の保険料は、普通車・軽自動車の括りで保険料が一律になっており、車種によって保険料が変わることはありません。

また自賠責保険の補償内容は及び保険金支払い限度額は、

  • 障害による損害・・・限度額120万円(被害者1名につき)
  • 後遺障害による損害・・・限度額4,000万円(常時介護を要する場合第1級被害者1名につき)◆限度額3,000万円(随時介護を要する場合第2級被害者1名につき)
  • 死亡による損害・・・限度額3,000万円(被害者1名につき)

となっています。

事故による死亡の損害に対する賠償額については、裁判で数億円の支払い判決の事例もあり、自賠責保険の支払い限度額3,000万円では賠償額に不足が生じてしまいます。

自動車の任意保険は、自賠責保険の支払い上限額を上回る部分を保証の対象としていますので、保証額の少ない自賠責保険をカバーしています。

また自賠責保険は事故による被害者の人的な損害を保証していますので、事故にあったときの自分のけがの保証や、事故相手や自分の自動車の車輌保証は一切ありません。自動車の任意保険は、自賠責保険では保証されない、事故の際の自分の傷害保証や、相手と自分の自動車の車輌保証も保険の対象にできます。

つまり自動車の任意保険は、自賠責保険ではカバーしきれない部分を保証している為、多くの方が加入しているのです。

 

1日保険と一般的な任意保険との違い

1日保険と一般的な任意保険は、自動車に乗る際に必要な保険という意味では同じですが、その内容に若干の違いがあります。1日保険加入前に知っておいた方が良い、2つの保険の違いは次の通りです。

保険期間

2つの保険の大きな違いはもちろん保険期間です。一般的な自動車保険の保険期間は1年間や3年間となってるのに対して、1日保険は保険期間が24時間や12時間と超短期間になっています。一般的な任意保険で1年契約を締結し、すぐに解約をしても1カ月分の保険料の支払いが必要なことを考えると、1日保険は極端に短い期間の自動車保険だと言えます。

等級が無い

一般的な自動車の任意保険には、「等級」と呼ばれる保険料の割引システムがあります。任意の自動車保険に新規で加入すると、6等級から始まり、自動車保険を使わず保険料を支払うと毎年1等級づつ上がっていき、それに比例して年々割引率もアップし支払う保険料が下がっていきます。

1日保険にはこの「等級」という保険料の割引システムがありませんので、どれだけ1日保険を利用しても保険料は一律で保険料が割り引かれる事はありません。

自分の車にかけられない

一般的な自動車の任意保険は、自分が所有して自分で運転している自動車や、自分で所有していなくても基本的に自分が使っている自動車に対して加入する事が出来ます。これに対して1日保険は原則として他人の車を運転する時の為の保険なので、自分名義の車に対して保険をかける事が出来ません。

 

1日保険はどんな人に必要か?

では実際に1日自動車保険はどのようなときに加入すると良いか考えてみましょう。

自動車保険に「全く」加入していない人

1日保険も自動車事故の際の万が一に備える自動車保険なので、基本的には自動車保険に加入していない方が超短期間で加入する保険です。ただここで一つ自動車保険についての基礎知識が必要になってきます。

他車運転特約について

一般的な任意加入の自動車保険には、どの損保会社の保険であろうとも必ずと言って良いほど「他車運転特約」が自動的に付帯されています。自動的に付帯されている特約な為に、実はあまり付帯されている事すら知られていない特約です。この特約の内容としては、万が一他人の車を運転していて事故にあった際に、自分がかけている自動車保険が使えるというものなんです。もちろん自分がかけている自動車保険の保証が限度となります。

更に更に、多くの損保会社ではこの他車運転特約の適用範囲が、自分のみならず配偶者や同居の親族や未婚の別居の子供とされています。つまり自分が自動車保険に加入していなくても、同居している親族か、自分が結婚していなければ両親のどちらかが加入しいる保険の他車運転特約が適用されるのです。例えば親が自動車保険に加入している一人暮らしで独身の大学生が、友達の車を運転中に事故をおこした際、親が加入している自動車保険を使う事が出来ます。

この他車運転特約がありますので、自分や家族が自動車保険に加入している方は、実は他人の車を運転するにあたって1日保険に加入する必要性は薄いんです。

つまり、自分も家族も全く自動車保険に加入していない方が他人の車を運転する場合、1日自動車保険は効力を発揮します。

 

運転者に限定がある場合

任意の自動車保険は、保険の対象となる人を限定する事により保険料が下がります。有名な限定条件は年齢条件です。例えば事故率の高い若い世代が運転中の事故は保証対象から外し、35歳以上のドライバーが運転中の事故のみ保険対象とすれば、保険料はかなり下がります。また運転するドライバー自身を限定する事で更に保険料が下がります。例えば保険契約者本人の運転中のみ保険適用とする「本人限定」や「本人・配偶者限定」にすれば、保険が適用されるドライバーがかなり限定されるのでそれだけ保険料が安くなります。

逆に言うと任意の自動車保険では、この年齢や運転者の「限定条件」を全く無くすことにより、保険料は高くなりますが、誰が運転中でも保険が適用される保険内容にする事が出来ます。だから、これから借りて運転しようとしている自動車に限定の無い自動車保険がかかっていれば、実は1日保険に加入しなくとも既にかかっている自動車保険を使う事が出来ます。ただ、限定の全く無い自動車保険は保険料がかなり高くなりますので、実際にこういった保険をかけている方は稀だと言えます。また、数日間の運転の為に一時的に限定条件を無しに変更しても、1か月分の保険料はまるまる高くなりますので、コストパフォーマンスはよくありません。限定条件があり自分が運転した場合に保険が適用されない場合は、1日保険に加入した方が経済的だと言えます。

 

事故後の等級アップの気が引ける方

一般的な任意の自動車保険には「等級」という割引制度があります。新規契約をすると6等級から始まり、保険を使わないと年々等級が1つ上がり保険料が下がっていきます。事故で保険を使えば、3等級ダウンして翌年の保険料が上がってしまいます。

他人の車を運転中に事故にあってしまい、自分がかけている自動車保険の他車運転特約を使い等級が3等級下がってしまって、翌年から保険料が上がっても納得できますよね。ただ、家族がかけている自動車保険の他車運転特約を適用した場合や、そもそも他人がその車にかけている限定条件の無い自動車保険を使ってしまった場合は、等級が3等級ダウンすると保険料もかなり上がりますので結構気が引けますよね。そんな時は、自分用に1日保険に加入しておくと、万が一の事故の際も他人の保険を使わずに済みますので安心出来ます。

 

車両保険に加入していない人

任意の自動車保険に加入されている方はご存知の方も多いと思いますが、事故時に自分の車両の修理費用を保証してくれる車両保険を付帯すると、保険料はかなり上がります。その為、車両保険が付帯されていない自動車保険に加入されている方も多いのではないでしょうか。こういった場合、万が一他人の車を運転中していて事故を起こした際に他車運転特約を使って相手に対する賠償は可能ですが、自分が乗っていた車については車両保険が適用されませんので、実費での修理になってしまいます。自動車の事故修理は非常に高額になる場合が多く、かなりの費用負担になります。かといって自分が加入している自動車保険に車両保険を付帯するのも保険料が上がり過ぎてしまう。このように、他人の車を運転する際にピンポイントで車両保険付きの保険に加入したい方にも1日保険はオススメです。1日保険には対人対物傷害保険の他に、1日1,500円前後で加入できる車両保険付きの保険プランも各社用意していますので、費用負担を極力抑えて希望を叶える事が出来るのです。

 

1日保険取り扱い会社

では1日単位で加入可能な自動車保険を、取り扱い会社や保険プランと共に具体的にご紹介していきます。

【ちょいのり保険】東京海上日動火災保険

商品名・・・ちょいのり保険

取扱会社・・・東京海上日動火災保険

加入方法・・・3大キャリアスマホ・コンビニ「ローソン」「ミニストップ」

保険料・・・車両補償無500円

      車両補償有スタンダード1,500円

      車両補償有プレミアム1,800円

契約時間・・・24時間単位

特徴

業界の老舗の安心感

ちょいのり保険は、日本で最初に設立された保険会社の東京海上日動火災が、これまた日本で最初に販売を開始した1日自動車保険です。老舗損保会社が最初にスタートさせた1日自動車保険という事もあり、100万件を超える契約数実績を誇っています。もちろん、万が一の時のサポート体制も万全で、国内244か所のサービス拠点と今までの自動車保険で培ったノウハウで、大手ならではの安心感があります。

コンビニで加入

ちょいのり保険への加入は、携帯3大キャリアのスマホやコンビニの「ローソン」「ミニストップ」の端末から簡単に加入申し込みが出来ます。コンビニ加入が出来るようになった事により、格安スマホユーザーにも簡単に加入が出来るようになりました。ただ、3大キャリアスマホから加入申し込みをした場合は、毎月の携帯料金と一緒に保険料の請求がされるので、保険料の支払いには注意が必要ですね。

指定被保険者

ちょいのり保険には、ちょいのり保険契約者の他に、事故の際に保険の対象となるドライバーを3人まで追加する事が出来ます。例えば友達4人で他人の車を借りてドライブをする場合、4人それぞれがちょいのり保険に加入しなくても、1人がちょいのり保険に加入し、その他3人を指定被保険者にすることにより、4人ともちょいのり保険の適用を受けられます。一人一人がちょいのり保険にそれぞれ加入するよりも保険料がかなり安く済む便利な制度です。

弁護士特約

1日自動車保険で唯一、弁護士特約を付帯出来るのがちょいのり保険の特徴でもあります。万が一の事故の際に、円満に解決が出来ずに、示談交渉を弁護士に依頼した場合や損害賠償請求訴訟を弁護士に依頼した場合にかかる、弁護士費用が保険金で支払われるのが弁護士特特約の内容です。一般的な自動車保険であれば、だいたいたいどの損保会社でも付帯できるかなりオーソドックスな特約なのですが、1日自動車保険で付帯出来るのはちょいのり保険だけです。訴訟まで発展すると弁護士費用だけでも数百万円の支払いが必要な場合があるので、非常に安心感のある特約だと言えます。

1日自動車保険無事故割引

ちょいのり保険を5回以上利用して無事故ならば、その後、東京海上日動火災で新規で自動車保険に加入した時に、割引を受けた状態で保険に加入する事が出来ます。20回以上無事故でちょいのり保険を利用している実績があれば、それだけで新規加入6S等級の割引が20%もきいた状態で保険がスタート出来ます。保険料が最も高い1年目にこれだけ割引がきくと、保険料もかなり下がりますのでとってもユーザーよりの割引システムですね。

 

【1DAY保険】三井住友海上火災保険

商品名・・・1DAY保険

取扱会社・・・三井住友海上火災保険

加入方法・・・3大キャリアスマホ・コンビニ「セブンイレブン」

保険料・・・Aプラン500円

      Bプラン1,500円

      Cプラン1,800円

契約時間・・・24時間単位

特徴

セブンイレブンで加入可能

1DAY保険は三井住友海上から販売されている1日自動車保険です。1日自動車保険としては後発ですが、取り扱い件数も既に100万件を突破した実績があり、ユーザーからの高い支持を得ています。その利便性の高さの理由は、やはりコンビニ界の巨人「セブンイレブン」での加入が可能だからとも言えます。3大キャリアのスマホからの加入申し込みも可能ですが、やはりどこにでもある「セブンイレブン」で手軽に加入手続きが出来るのはかなり大きなメリットかもしれません。特にセブンイレブンの端末は非常に使い勝手もよく、この点も利便性に優れていますね。

始期10分単位

1DAY保険は24時間単位での保険契約ですが、更に保険のスタート時間を10分単位で選ぶ事が出来ます。他車の1日自動車保険では保険スタート時間は9時や10時といった1時間単位になりますが、これを10分単位で設定可能。10分の無駄なく保険をかける事が出来ます。

対物超過費用特約

1DAY保険には対物超過費用特約が自動的に付帯されています。万が一の事故の際に、相手の自動車の修理費用が、相手の自動車の時価額を上回る事は意外とよくあります。対物無制限賠償とは言え、自動車保険の対物賠償はその自動車の時価額を上限にしていますので、時価額を上回る修理費用のについては、実費で賠償しなくてはなりません。対物超過費用特約は、この時価額を上回る部分の修理費用を保険金で賄ってもらえる特約です。あまり知られていない特約ですが、万が一の事故の際にはかなりの効果を発揮する特約なんです。

車内荷物等特約

1DAY保険のCプランには、車両保険の他に車内荷物特約が付帯されています。車両保険は、万が一の事故の際に自分が運転している自動車の修理費用が保険金で支払われます。ただ、自動車に積んでいた荷物については保証の対象外です。例えば自動車事故の際に、自動車に積んでいたゴルフのクラブやカメラ等が破損した場合は、車内荷物等特約があればこれらの荷物についても保険金が支払われます。

2回目割引・2人目割引

1DAY保険には、2回目以降の利用の場合保険料が割り引かれる2回目割引と、同一車両で2目に指定被保険者として自動車保険に加入する場合の2人目割引があります。もともと保険料の割引率としてはそれほど大きくはないですが、複数回にわたって1DAY保険を利用する場合や、複数人で加入する場合は、他社商品と比べて保険料の差は歴然ですね。

 

【ワンデーサポーター】あいおいニッセイ同和損保

商品名・・・ワンデーサポーター

取扱会社・・・あいおいニッセイ同和損保

加入方法・・・3大キャリアスマホ

保険料・・・ベーシックプラン500円

       ワイドプラン1,500円

契約時間・・・24時間単位

特徴

保険プランは2つ

三井住友海上火災と同グループに属するあいおいニッセイ同和損保が販売する1日自動車保険のワンデーサポーターは、ベースとなる保険プランが2種類という分かりやすいライナップです。他社の1日保険とう同様に、車両保険無しのプランが500円、車両保険付きのプランが1,500円という分かりやすさ。加入に際して2パターンのみのプランなので、ユーザーを迷わせることは無いですね。

手厚い保証内容

ワンデーサポーターの保証内容は非常に手厚い内容になっています。まず指定被保険者を3名まで指定できますので、複数人で利用する場合は一人の契約に対して契約者を含めて最大4人に保険が掛けられます。4人各々がワンデーサポーターに加入するよりもかなり保険料を抑える事が出来ます。また、対物超過修理費用特約が自動付帯されているのも特徴的です。実際に事故にあった時に、相手の自動車の修理費用が時価額を上回っても心配がなくなります。

ワンデーサポーターは、事故で搭乗者がケガをした場合の傷害保険はもちろんの事、入院が必要になった場合の、洗面用具などの日用品や衣類など入院の準備に必要な当座の費用も一時金として保険料が支払われます。更にロードサービスも充実しており、遠方で事故にあい宿泊が必要になった場合の移動費や宿泊費も保険金が支払われる徹底ぶりです。

加入がネック

ワンデーサポーターの最大のネックがその加入方法にあります。3大キャリアのスマートフォンからしか加入の申し込みが出来ない為、ドコモ・au・ソフトバンクのスマホが無ければそもそも加入の手続きが出来ません。格安スマホやパソコン、もちろんコンビニからの加入申し込みは出来ません。また、車両保険を付帯する場合は、7日以上前からの申し込みが必要になります。急遽1日保険の利用が必要になった場合、車両保険が付帯できませんのでこの点も注意が必要です。

割引制度あり

ワンデーサポーターを販売するあいおいニッセイ同和と、1DAY保険を販売する三井住友海上火災は同グループなので、ワンデーサポーターと1DAY保険には共通の割引システムがあります。それが2回目割引・2人目割引です。割引の内容は1DAY保険と全く同じ内容になっています。割引額は20円程度ですが、塵も積もれば山となる。とにかく回数を利用する方には嬉しい割引だと言えますね。

 

【乗るピタ!】損保ジャパン日本興亜

商品名・・・乗るピタ!

取扱会社・・・損保ジャパン日本興亜

加入方法・・・3大キャリアスマホ・パソコン

保険料・・・ライトプラン12時間400円

       基本プラン12時間1,200円

       安心プラン12時間1,600円

契約時間・・・12時間単位

特徴

12時間単位の契約

乗るピタ!は損保ジャパン日本興亜が販売する1日自動車保険です。販売開始が2019年1月と、1日自動車保険では最も後発の商品のため、他社の1日自動車保険との差別化が図られています。その中で最も特徴的なところが、契約期間を最短12時間単位で設定できるところです。他社の1日自動車保険が24時間単位での加入に対して、その半分から契約期間を設定できます。これにより他社の24時間単位の最も安い保険料500円よりも更に安い保険料400円を実現しています。24時間自動車保険に加入していても、実際に自動車を1日中運転する事は極めて稀ですので、活動するデイタイムの12時間にピンポイントに保険期間を設定できるのは非常に合理的ですね。

 

パソコンから加入可能

乗るピタ!は他社の1日自動車保険と同じように、3大キャリアスマホから加入申し込みが可能です。スマホから申し込みを行うことにより、保険料は翌月の携帯代と一緒に支払われる仕組みになっています。乗るピタ!はクレジット払いにも対応している為、3大キャリアスマホの他にパソコンからも加入申し込みが可能です。パソコンがあれば格安スマホユーザーやガラケーユーザーでも加入が可能となり、更にクレジット払いでクレジットカードにポイントが貯まるのも嬉しいところですね。

 

人身傷害保証+代車費用特約

乗るピタ!には、他社1日自動車保険と同じように搭乗者傷害保証特約があり、万が一の事故の際に借りた自動車に搭乗していた方のケガや死亡に対して、1,000万円を上限として保険金が支払われます。車両保険が付帯されている安心プランには、人身傷害保証が付帯されていますので、搭乗者傷害保証特約よりも額が大きい3,000万円を上限として、搭乗者のケガや死亡に対して保険金が支払われます。人身傷害保証は示談を待たずに保険金が支払われますので、スピーディーな保険金支払いが特徴です。

また、30日を上限に1日5,000円迄の代車費用が支払われる特約も付帯しています。万が一の事故で借りた自動車を壊してしまった場合、一般的に自動車修理には数週間の日数を要する事がほとんどです。この特約があれば、修理期間中30日間を上限に、持ち主に一日5,000円迄のレンタカーを提供する事が出来ます。実は事故後に最も重宝する特約がこれかもしれませんね。

 

まとめ

現在1日自動車保険を販売している保険会社は、東京海上日動火災保険・三井住友海上火災保険・あいおいニッセイ同和損保・損保ジャパン日本興亜の計4社です。自動車保険でもトップ4の損保会社の為、自動車事故に対するノウハウや事故対応は各社それほど遜色無く、ネット系自動車保険会社に比べるとかなり高いクオリティーだと言えます。24時間あたりの保険料も軒並み大差はありませんので、保険の加入に際しては細かい保険内容と加入申し込み方法で選ぶといいかもしれません。

格安スマホユーザーは、そもそも三井住友海上の1DAY保険には加入申し込みが不可ですし、事故後の代車費用特約が必須ならば、損保ジャパン日本興亜の乗るピタ!がおススメになります。

備えあれば患いなし。無保険で他人の自動車を借りて運転する場合は、500円程度で加入できる1日自動車保険に加入して万が一に備えましょう。加入申し込みも非常に簡単なので、自分のライフスタイルにあった保険に加入するといいでしょう。