廃車手続きは自分でするのは大損!代行業者を利用した賢い廃車とは?

レッカー移動?抹消登録?解体?いきなり自分で廃車をする事は、やって出来ない事はありませんが、かなりハードルが高く時間も費用も要します。更にこと廃車に限っては自分ですると余計な費用がかかってしまう事も多々あります。廃車は間違いなく、廃車を代行してくれる業者に依頼するのがベストなんです。今回は廃車を代行してくれる代行業者を利用した賢い廃車方法をご紹介いたします。

廃車の種類

最終的な廃車手続きは、普通自動車の場合であれば最寄りの陸運局、軽自動車の場合であれば最寄りの軽自動車検査協会で行えます。書類上の廃車申請は「抹消登録申請」と呼ばれています。陸運局や軽自動車検査協会で行う廃車手続きの抹消登録申請は、登録してある自動車の情報を抹消する為に行います。陸運局や軽自動車検査協会に登録されている自動車の情報が抹消される事により、「廃車」されたという事になります。この廃車手続きである抹消登録申請は、大きく分けると2種類あります。

一時抹消登録申請

陸運局や軽自動車検査協会に登録されている自動車の情報を一時的に抹消する為に行う申請です。自動車そのものは解体せずにそのままの状態なので、いわゆる「廃車」のイメージとは若干違うかもしれませんが、書類上は廃車された事になりますので課税もストップします。ナンバープレートも返納して車検期間が残っていても無くなってしまいますので、抹消登録後は公道走行が不能にります。

中古車販売店の店頭に並んでいる商品車の多くは、一時抹消登録されている事が多いと言えます。購入者が決まれば、一時的な抹消状態を解消し再度登録して顧客名義にする流れになります。

一時抹消登録は自動車を解体せずにナンバーさえ外せれば割と簡単に行えますので、これは自分でも行える廃車と言えます。ただ、自分で抹消した後の自動車は自分で解体する事は出来ませんので自宅の敷地で保管する必要があります。仮の「廃車」というイメージが近いかもしれませんね。

永久抹消登録申請

一時抹消登録と違い、陸運局や軽自動車検査協会に登録されている自動車の情報を永久に抹消する為に行う申請です。永久抹消登録申請には自動車の「解体」が必須ですので、一般的な「廃車」のイメージはこれからもしれませんね。永久抹消登録申請が受理されると、完全に廃車が完了した事になります。一時抹消とは違い永久抹消は解体を伴いますので、永久抹消登録された自動車は再度自動車として「登録」する事が出来なくなります。そもそも解体してスクラップになっていますので根本的に自動車として再利用は不可能です。

永久抹消登録を行うには必ず自動車の「解体」が必須です。自動車の解体は許可を受けた解体業者しか行う事が出来ませんので、少なくとも解体業者に自動車を持ち込まなくてはなりません。

この際にレッカー費用や自動車解体費用が必要となり、非常に手間暇がかかってしまいます。永久抹消登録については、次にご紹介する代行業者を賢く利用しましょう。

廃車代行業者別メリットデメリット

廃車手続き(永久抹消登録申請)を代行してくれる業者は意外と多くあります。基本的には自動車関連の業者ですが、今回は業者別にメリットデメリットをまとめてみました。

新車ディーラー

メリット

新車ディーラーに廃車を依頼する最大のメリットは、やはりその信用力です。廃車手続きは最後まできっちりと行わなければ課税がストップしません。この点、新車ディーラーは自動車業界で最も信用できるかもしれません。また店舗数がかなり多く大通り沿いに出店されていますので、アクセスが良く近場にあるところもメリットですね。これは地方でも都心でも同じことが言えます。

デメリット

新車ディーラーに廃車を依頼する最大のデメリットは費用がかかるところです。廃車費用として一般的に「レッカー費用」「解体費用」「抹消登録申請費用」等がかかり、3万円~5万円程度の廃車費用がかかってしまいます。廃車費用がかかってしまうので代行業者として廃車を依頼するのはあまりお勧めできません。

中古車買取店

メリット

中古車買取店は大通り沿いの出店されている事が多く、探せば新車ディーラー程度の数があります。その為意外にアクセスが良いのがメリットです。更に中古車として査定してくれる場合もありますので、廃車と思っていた多走行な自動車でも意外な高値で買い取って貰える事もあります。もし買取価格が付かない場合、良心的な店舗であれば無料で廃車を代行してくれます。

デメリット

レッカー車を所有していないところが多いので、自走不可の車両の廃車はレッカー費用が必要になる場合が多いと言えます。また店舗によってまちまちですが、そもそも廃車費用をせいきゅうされる場合もあります。余程条件がそろっていない限りそれほど廃車代行業者としてはオススメできません。

中古車販売店

メリット

中古車のプロである中古車販売店は、廃車になるような故障したり事故をしてダメージを負っている車であっても、修理を施して再販出来る為に、意外な高値が付く場合があります。またレッカー車を所有している店舗がほとんどなので、もし不動車であっても無料で引き取ってもらえます。基本的には廃車手続きについては無料で行ってくれますので、廃車代行業者としてはまずまずオススメできます。乗り換えを伴う廃車手続きは、乗り換える自動車が中古車ならその販売店に依頼する方法がスムーズでベストです。

デメリット

中古車の販売がメインの為に、実は「買取」にあまり力を入れていない場合が多く、多店では買取価格がつく場合でも0円査定になる事があります。また、稀に廃車費用を請求する業者もありますので、廃車費用については事前にしっかりと確認しましょう。

自動車解体工場

メリット

自動車解体工場は自動車の解体が行えますので、廃車手続きを行うには非常に合理的な業者です。基本的には無料で廃車を代行してくれますので、近くに解体工場があれば廃車代行業者としてはオススメできます。中には廃車を「鉄スクラップ」として現金買取してくれるところもありますので、思いもよらない現金収入がある事もあります。

デメリット

自動車解体工場はその特性上、郊外にある事が多いと言えます。基本的に自分で解体工場の敷地まで廃車を持ち込む必要がありますので、もし不動車の廃車をする場合はレッカー費用だけでも結構な出費となります。レッカー費用が必要な場合は、鉄スクラップとして余程の高値で買いとってもらえる大型乗用車以外はさほどメリットが無いと言えます。

行政書士

メリット

行政書士はあらゆる書類申請を代行する書類のプロフェッショナルです。もちろん国家資格ですので、それ自体に安心感があり最大のメリットです。行政書士には「抹消登録申請」の手続きをのみを代行してもらえます。

デメリット

抹消登録申請の申請費用が必要となります。更に基本的には書類申請しか代行して貰ないので、そのほかの解体やレッカー移動などの手続きは自分で行わなくてはなりません。正直、抹消申請の書類手続きは、少し調べれば自分でも簡単に出来ますので、廃車代行業者としてはほとんどオススメできません。

廃車買取専門店

メリット

廃車を代行する業者としては唯一、「廃車」そのものをメインの商材としている業者です。廃車買取専門店はあらゆる方法で廃車をリユースしますので、廃車を買いとる事が出来ます。万が一買取価格がつかない場合でも、廃車費用がかかる事はまずあり得ません。どんな状態の自動車であっても、レッカーや解体、書類申請費用等の廃車にかかる費用は一切不要です。廃車代行業者としては最もおススメできる代行業者であることは間違いないと言えます。

デメリット

廃車買取専門店は実店舗を構えているところが意外と少なく、廃車をどうやって依頼していいのか分かり辛いところが最大のデメリットかもしれません。インターネット上で廃車買取依頼を簡単にだせますが、それゆえに分かりにくいといえるかもしれません。

自分で廃車にする(番外編)

メリット

廃車を自分でする場合の最大のメリットは知識と経験の増加です。廃車手続きの抹消登録申請はいずれも行政手続ですが、書類作成等を行いどういった流れで自動車の抹消が行われるかがよくわかります。更に自動車登録の仕組みや車検の仕組み等も分かりますので、抹消申請を行う事により実体験として日本の自動車登録のシステムの勉強をする事が出来ます。

デメリット

最大のデメリットは手間暇かかり過ぎるというところです。代行業者に廃車を依頼すれば、書類と自動車を引き渡すだけで完了する廃車も、自分でやればレッカー移動や解体工場の段取りから、平日に陸運局や軽自動車検査協会に出向いて書類作成と申請も行わなければなりません。何より「レッカー費用」や「解体費用」が必要になりますので、無料で代行してくれる業者がある以上はこの点が最大のデメリットと言えます。

廃車買取専門店が「買取」出来る訳

廃車をメイン商材としている廃車買取専門店は、自動車をメイン商材としている一般的な自動車販売店と異なるビジネスモデルを持っている為に、「廃車」を買い取る事が出来ます。

海外輸出

日本製自動車はその高い品質から、世界中で高い評価を受けています。何より自動車自体に故障が少ないために、どれだけ古く多走行になった日本車でも、新興国では旺盛な需要があります。廃車買取専門店は、日本では役目を終えた年式の古い自動車や多走行の自動車を、こういった自動車にこそ需要がある新興国に輸出を行っています。日本国内ではリセールできなくても、海外市場でリセールする事によって、廃車になるような自動車を買い取る事ができるのです。

中古パーツ

自動車は約3万点程度の部品によって構成されています。事故や故障で自動車の修理を行う際に、新品部品と同様に中古部品もかなりの割合で交換部品として使用されています。日本国内でも需要の高いこのような中古部品は、廃車から取り出され流通しています。廃車買取専門店は廃車の解体を行い、中古部品を取り出し再販するというビジネスモデルも確立しているのです。中古部品ニーズは日本国内だけではなく、海外でもかなりのニーズがありますので、中古部品の輸出を行う事によっても収益を上げています。

鉄スクラップ

軽自動車や高級乗用車問わず、自動車の多くの部品は「鉄」で構成されています。つまり、鉄の塊である自動車はどんな状態になろうとも、最後には「鉄」としての価値が残る訳です。廃車買取専門店は、どんな状態の自動車でも無料で廃車の代行を行えたり買取を行えたりする最大の理由は、引き取った廃車を「鉄スクラップ」として売却出来るからなんです。これがある限り、廃車買取専門店に廃車の代行費用を支払う必要はゼロだと言えます。

まとめ

一時的に自動車の廃車を行う一時抹消は、自分で書類手続きさえ出来ればさほど手間暇かかる事はないでしょう。ただ一般的なイメージ通りの解体を伴う永久抹消登録は、自分で行うにはハードルも高く費用もかかってしまいます。廃車はやはり業者に代行してもらった方がお得です。

中でも、廃車申請を無料で代行してくれるばかりか、廃車自体を買い取ってくれる業者があります。それが廃車買取専門店です。廃車買取専門店は、廃車をメインの商材としており、廃車を無駄なくリサイクルするビジネスモデルを構築していますので、一般的な買取店には出来ない廃車の高価買取を行っています。

廃車買取専門店である廃車本舗は、廃車代行業者としても廃車買取店としても最もおススメできます。自動車解体工場を自社で全国三か所に有しており、余計な中間マージンを排除して直接ユーザーとの取引を行っていますので、更に廃車の高価買取を実現しました。また独自に東南アジアの新興国マーケットを開拓し中古車として輸出を行う事により、より高値での中古車買取も行っています。廃車本舗への廃車買取査定は、ホームページからフリーダイアルかメールで簡単に行えます。もちろん買取査定は無料です。廃車の経験と知識豊富な専門スタッフが対応致しますので、初めてで廃車について知識がないユーザーの方にも安心して廃車をご依頼頂けます。レッカー引取費用や解体費用、抹消申請費用等はもちろん完全無料です。無料査定で更に買取価格がお付けできる可能性も大なので、廃車をご検討中の皆様は一度お気軽に廃車本舗の廃車無料査定をご利用下さい。