廃車に必要な各種証明書・請求書

印鑑登録証明書

陸運支局にて登録自動車の廃車の手続きを弊社が代行する際に提出する書類です。
お客様自身にご用意頂く書類です。お住まいの管轄の役所等で発行が可能です。
弊社にご依頼の際は必ず原本をご用意下さい。委任状譲渡証明書に押印された印影が委任者または譲渡人本人のものであることを証明する書類です。
印鑑登録された判子は実印と呼ばれ、実印以外の判子で押印された譲渡証明書、委任状では廃車の手続きが出来ません。また、廃車の手続きに提出する際は、発行から3ヶ月以内のものだけが受付けられます。
弊社にご依頼の際は、発行から2ヶ月以内のものをご提出頂くようお願い致しております。役所に転出の届出をした場合、印鑑登録は自動的に破棄されます。新しく住民登録をされた役所にて再登録の必要があります。逆に、転出の届出前に取得していれば3ヶ月以内であれば、転出後も使用することが可能です。

譲渡証明書

陸運支局にて登録自動車の廃車の手続きを弊社が代行する際に提出する書類です。
本書は廃車本舗よりご用意致します。

写真

廃車本舗ではお客様よりお買取りさせて頂く車両の廃車の手続きを行う際に、 同時に名義変更の手続きも行っております。
廃車だけでなく所有者の名義も変更することで、万が一お買取させて頂いた車両に なんらかのトラブルが発生しても、旧所有者のお客様にはご迷惑がかからないように致しております。
車名、型式、車台番号、原動機の型式は車検証を参考にご記入下さい。

自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証明書)

自動車損害賠償責任保険(=自賠責保険)とは、公道を走るすべての自動車やバイク(原付含む)に加入が義務付けられており、一般に「強制保険」と呼ばれています。
お買取させて頂く車両が自賠責保険に加入していることを証明する書類です。
この書類は、各保険会社にて自賠責保険の解約のお手続きを廃車本舗が代行する際に必要となります。
自賠責保険の残り期間に応じて、還付金が発生します。
廃車本舗では、自賠責保険の解約手続きの代行の事務手数料も”無料”です。

写真

預託証明書(リサイクル券)

リサイクル券とは、「自動車リサイクル法」(2005年1月施行)で定められたリサイクル料金が、正しく納められているかを確認する為の証明書です。
B券(使用済自動車引取証明書)の部分に記載された情報は、解体を伴う廃車手続きの際に必要となります。
自動車リサイクル法の対象車両は、自動車、軽自動車です。リサイクル料金が未納の場合、車両買取価格より未納分のみ差し引かせていただきます。なお、紛失等によりリサイクル料金の状況が分からない方はこちらよりお調べすることができます。

自動車損害賠償責任保険承認請求書

保険会社にて自賠責保険の解約の手続きを弊社が代行する際に提出する書類です。
本書は廃車本舗よりご用意致します。自賠責保険の解約により発生した還付金は弊社より、本体買取額とご一緒にお支払い致します。譲渡人(契約者)の住所・氏名は自賠責保険証明書に記載の名義でご記入下さい。

写真