4月の廃車は時期的にどうなの?3月との廃車の違いを解説!

桜舞い散る4月は新生活のスタート。慌ただしい年度末の空気からがらりと変わり、毎年フレッシュな気分になれますよね。そんな新年度がスタートする4月ですが、廃車をする時期としては実際どうなんでしょうか?年度末に廃車出来ずに4月に廃車をした場合は実際にどうなのでしょうか?今回は4月に廃車をする場合について説明していきたいと思います。

4月廃車の自動車税の支払い

自動車税は毎年4月1日時点の所有者もしくは使用者に課税されますので、4月に廃車をした場合は、必然的にその年度の自動車税が課税されます。ただ、普通自動車の場合は廃車をした月迄の税額を納税すればよいので、4月の廃車の場合は4月分、つまりひと月分だけ納税すればよいのです。

自動車税の納付書はだいたい5月初旬に届くため、4月の廃車時点では納付書が届いてないはずです。4月廃車の場合は、廃車手続き完了後に、ひと月分の自動車税の納付書が郵送で届きますので、これを使って納税が簡単に行えます。ひと月分だけ納付できるので、還付手続きといった煩わしい処理が不要なので、労力としては3月に廃車をする場合と変わりません。

3月31日に廃車をしていれば自動車税0円、4月1日に廃車をすれば自動車税が数千円と考えれば少し損したような気分になりますので、むしろ4月後半まで車を活用してから廃車にすると良いかもしれませんね。

軽自動車の自動車税

普通車には自動車税の月割りでの精算システムがありますが、軽自動車には自動車税の月割り精算のシステムはありません。つまり4月に廃車をする場合は、必ず1年分の自動車税が課税されてしまいます。軽自動車の自動車税だけで考えると、3月に廃車をする場合と4月に廃車をする場合とでは、丸々1年分の自動車税の税額の差が出ますので4月廃車はその分損だと言えますね。

買取相場

中古車需要は新生活に合わせて毎年3月・4月にピークを迎えます。これに伴い中古車の買取相場も2月後半から4月序盤にかけて上昇します。3月4月の繁忙期にどんどんと中古車を販売したい販売店としては、何としても3月4月に何としても中古車を仕入れたいところ。結果的に中古車は売り手市場になり、買取相場も上昇します。4月でも初旬であれば、3月とはほとんど変わらない買取相場が形成されていますので、廃車時期としては年間でもベストな時期だと言えます。4月後半になると若干買取相場は弱含みになるかもしれませんが、それでも年間を通して考えると買取相場としては依然高値だと言えます。

自動車税は買取査定の交渉材料

4月に廃車をする場合の最大のネックはやはり自動車税の支払いです。3月廃車であれば不要ですが、4月廃車であれば普通車でひと月分の数千円、軽自動車であれば1年分の約1万円の支払いが必要になります。3月に廃車する場合と4月に廃車する場合の自動車税の負担の違いは、買取店もよく心得ていますので、廃車査定や買取査定の前にこの自動車税の負担額の話しをして買取額に上乗せしてもらえるように交渉するのも一つの手です。

時期的に買取店も強気で査定しているのは間違いありませんので、意外と簡単にこちらの要望を聞いてもらえると思います。

乗り換えの場合はベストタイミング

自動車を乗り換える為に廃車をする場合、4月後半は年間を通してベストな時期だと言えます。特に中古車への乗り換えの場合、4月は年間を通しても良質で程度の良い中古車が大量に出回ります。年間を通して最も中古車の流通量が多くなる3月4月は、程度の良い中古車が強気価格で販売されます。ただ、4月後半になると需要も一巡し、販売価格が高過ぎた良質な中古車の販売価格の下落が始まります。この時に中古車のクオリティーと販売価格のバランスが崩れ、安くて良質な中古車と出会えるチャンスが急増します。また、在庫車両を抱えすぎたくない販売店に対して、購入の際の価格交渉も非常にしやすくなりますので、4月後半は自動車の乗り換えの時期としてもベストタイミングと言えます。

陸運局で待ち時間無しの抹消登録

廃車手続き(抹消登録申請)を陸運局で自分で行う場合、3月4月ではかなりの差があります。3月は一般ユーザーの廃車台数の増加と、自動車販売店の車検が少しだけ残っていた在庫車両の廃車申請も重なり、抹消登録申請の台数が非常に増加します。その為、全国どこの陸運局でも異常な混雑をみせます。準備されている駐車場は満車になり、3月以外なら30分程度で終わる抹消登録申請が丸1日を要する事もざらにあります。

4月になるとこの混雑ぶりも解消されますので、自分で抹消登録申請を行う場合は、ほとんど待ち時間無く申請が完了する4月がベストだと言えます。

まとめ

4月に廃車を行う場合は、前半後半の中古車需要の変化を利用する方法がおすすめです。4月前半の中古車需要のピーク中に廃車の廃車買取査定を依頼し、乗り換えがある場合は、4月後半の中古車需要の減退期に購入交渉を行えば、ベストな条件での廃車と乗り換えが可能です。課税される自動車税額に関しては、買取査定時か購入交渉時の交渉材料に気軽に使ってみましょう。時期的に意外な結果が得られるかもしれません。

4月の廃車買取査定は廃車本舗がおススメです。査定はもちろん無料で、出張査定も無料で行っていますので、皆様の査定交渉をどしどしお待ちしております。査定に関するご要望は極力買取価格に反映しています。無料査定はお気軽にお電話でお問合せ下さい。初めての廃車の方にも、専門スタッフが丁寧にご対応致します。