廃車をする時期は何月がベスト?3月に廃車が多い理由を説明します!

どうせ廃車をしないといけないなら、最もベストな時期にしたい!廃車手続きは少しでも余計な出費をせずに行いたいと皆さんお考えではないでしょうか。廃車は年度末の3月にするのがベストだと言われますが、実はこれあまり知られていませんよね。今回はそんな廃車をする時期の中でも、なぜ3月に廃車ををするのがベストなのかについてご紹介していきたいと思います。

自動車税との兼ね合い

まず3月に廃車をする最も大きな理由が、自動車税の課税のルールにあります。自動車税は毎年4月1日現在の自動車の所有者または使用者に課税されます。つまり3月中に抹消手続きを行い廃車を行っておくと、翌年度は課税されずに済みます。もし3月中の廃車が間に合わずに4月1日付けの廃車になってしまうと、例え1日のずれであっても、1年分は課税されてしまいます。もちろん支払いの義務は4月分だけで済みますが、たった1日の所有でも1カ月分の額の納税を行わなければなりません。

軽自動車は年度内廃車が必須

普通車の場合は、自動車税に月割りの精算システムが存在しますので、万が一廃車が4月にずれ込んだとしても、最悪1月分の税額を納税すれば事足ります。ただし、軽自動車の自動車税にはこの月割り精算のシステムが存在しませんので、4月1日時点で課税されてしまうと、どのタイミングで廃車を行っても自動車税はかえってきません。つまり、3月中に廃車が間に合わずに4月1日に廃車手続きがずれ込んでしまうと、例え1日の所有であっても1年分の自動車税を納税しなければならないと言う最悪のシナリオが待っています。自動車税の事を考えると、特に軽自動車は3月中の廃車がマストでありベストだと言えます。軽自動車の廃車手続きが行える軽自動車検査協会は、毎年3月末は尋常ではない混雑ぶりですので、もし廃車を行う場合は少しでも早めに行う方が良いでしょう。

中古車需要のピーク

新生活、新社会人、新1年生。新生活に向け年度が切り替わる3月4月は毎年中古車需要のピークが到来します。需要のピークと言えばつまりは売り手市場と言う事です。中古車ももちろん需要と供給によって相場が形成されていますが、需要が強いこの時期はやはり買取相場にも大きな影響が出ます。3月4月に向けた商品の仕入れのが必須となる買取店は、他の時期に比べて明らかに強気の買取査定を行ってくれます。これは廃車買取店であっても同じことがいえ、他の時期ではリセールが利かないような状態の車でも意外な高値で買い取って貰える事もあります。

中古車需要の変動

年間を通して中古車需要の変動は、例年以下の通りの動きをみせます。

3月4月【ピーク】

年度によって色々な仕組みが切り替わる事の多い日本において、やはり年度跨ぎの3月4月は中古車の新生活需要がやってきます。1年で最も需要が多くなる時期ですので、特に2月後半から3月前半に中古車販売店は買取を強化しています。買取相場も上りますので、正に売り手市場が形成されます。自動車を手放すのもこの時期がおススメです。

8月9月【閑散期】

春先にピークを迎えた中古車需要は、一旦夏頃に落ち着きを見せます。一定の中古車需要はあるものの、春先に比べると完全に買い手市場が形成されます。廃車を手放して、乗り換える自動車を探すにはいい時期かもしれません。新車ディーラーの決算月もこのあたりに集中しますので、決算セールで大量に売られた自動車の乗り換え需要が発生し、良質な中古車が出回るのも実はこの時期です。

11月12月【準ピーク】

春先にピークを迎えた中古車需要は、年末に向けてセカンドピークを迎えます。これは電化製品等でも同じような流れがおきますが、いわゆる年末のボーナス商戦です。特に現金で気軽に購入可能な安価な自動車が需要の中心になります。ボーナスによって財布のひもが緩み、一定の需要が発生するのは他の業界と同じだと言えます。

還付金制度について

自動車重量税と自賠責保険料は、基本的に車検を受験する際に車検期間分を納付しています。この事から、車検期間が1カ月以上残っている状態で自動車の廃車を行うと、自賠責保険料と自動車重量税については、廃車をした翌月分からの過払い分が返還されます。どちらも月割り計算で還付金の額が計算されますので、例えば車検期間が終了する月に廃車を行うと、還付金はゼロとなります。

残存期間によって還付金が決まりますので、廃車をする時期によって還付金が変わる事はありません。また車検期間が1カ月も残っていない状態で廃車をすれば還付金はありません。

廃車をするなら3月がベスト(年度末)

純粋に自動車を手放すだけの場合は、自動車税の課税の兼ね合いや中古車需要の関係でやはり年度末である3月がおススメ。多くの方が廃車を行い慌ただしく込み合う年度末ですが、廃車本舗に廃車を依頼すれば確実に年度内に廃車手続きを完了します。

乗り換えに伴う廃車ベストタイミングは?

純粋に自動車を手放すだけの場合は、自動車税の課税の兼ね合いや中古車需要の関係でやはり年度末がおススメ。しかし自動車の廃車のタイミングで多いのは自動車の乗り換えに伴う廃車ですよね。では乗り換えのタイミングで廃車をする場合ベストタイミングはどのタイミングか考えてみたいと思います。

新車登録から13年経過した時

まず最も分かりやすい廃車のタイミングと言えば新車登録から13年経過した時ではないでしょうか。新車登録から13年経過した自動車の自動車税と自動車重量税は重課されますので税額が増えます。

  • 軽自動車税の重課

平成27年4月以前に取得された軽自動車の軽自動車税は年間7,200円です。これが新車登録から13年経過し重課されると年税額は12,900円になります。

  • 自動車税の重課

普通車の自動車税はエンジン排気量500cc毎に自動車税額が決められています。例えば排気量1500ccを超え2000cc以下の普通車の自動車税額は39,500円です。これが新車登録から13年経過し重課されると、年税額は45,400円になります。

  • 自動車重量税の重課

自動車重量税は車検受験時に納付します。軽自動車の受領税は6,600円ですが、新車登録から13年経過し重課されると8,200円になります。普通車は車両の重量によって税額が決まります。例えば車輌重量1トン以上1.5トン未満の車両の重量税は24,600円ですが、新車登録から13年経過し重課されると税額は34,200円になります。

このように自動車税と自動車重量税は新車登録から13を経過し重課されると、かなりの税額の負担増になります。税金は自動車の維持費の代表格ですが、やはり負担増になる新車登録から13年目というのがひとつの廃車のタイミングかもしれません。自動車は機械なので、新車から13年経過すると経年劣化もひどくなってきます。これにより多くの方が廃車を視野に入れられるのではないかと思います。

車検期限を迎えたとき

一定の安全基準を満たした自動車のみ、日本国内での公道走行が認められます。「車検」はこの安全基準を満たしているかどうかの検査を行うと同時に、重量税の納付と自動車賠償責任保険の強制加入を義務付けている日本独自のシステムです。乗用車の場合は、新車から3年後に初めての車検が訪れ、以降2年毎に車検を受ける仕組みになっています。

自動車検査では基本的な走行性能やブレーキ性能や排ガス基準や各種ライトの点灯などが見られています。検査項目毎に自動車検査の合格基準に達していない自動車は公道走行不可となりますので、部品交換や整備が施されて検査合格を目指します。

自動車も年式が古くなると経年劣化してくる部品が増え、自動車検査に合格する為にかなりの部品代や整備費用が必要になってきます。また新車登録から13年を経過すると自動車重量税が重課され極端に税額が上がりますので、古い車は特に車検費用が高額となる傾向にあります。

その為、特に年式の古くなった自動車の車検受験時には、高額な車検費用をかけるよりは廃車にして乗り換えを検討する方が急増します。

年度末に車検期限を迎えてる場合は、シーズン的にも廃車ベストシーズンです。ただ、5月や6月に車検期限がくる場合は、自動車税の課税を考えるとむしろ3月に廃車をしてしまった方が良いかもしれません。早めに廃車にすることで、僅かですが自賠責保険料や自動車重量税も還付されます。

軽自動車乗り換えこぼれ話

軽自動車税は4月1日時点での所有者にその年度1年分が課税される仕組みになっています。逆に言うと、4月2日に軽自動車を取得すれば、少なくともその年度は自動車税が課税されないんです。つまり今乗っている自動車を廃車にして軽自動車に乗り換える場合は、廃車は3月末迄に必ず行い、新しく購入する軽自動車の登録を4月2日以降に行えば、1年目の自動車税は丸々不要となり節税できるんです。月割での精算システムがない軽自動車税だからこそ出来る裏技ですね。3月廃車4月登録は、軽自動車を購入する販売店に事前に相談しておけば割と快く対応してもらえると思いますので、特に3月末に軽自動車を購入する際は登録を少し後にずらして4月登録にする方がお得です。

事故や故障をした時

突然襲ってくる廃車のタイミングが事故や故障ではないでしょうか。事故の場合、修理費用がその自動車の時価を上回るとほぼ廃車となってしまいます。故障の時も、故障個所によってはその自動車の時価を上回るような高額な修理費用になる場合ももちろんあります。

事故や故障での廃車は事前の準備もできずに急にやってきますので、時期的に廃車のタイミングは選ぶことができませんよね。その為に、事故や故障で廃車にする場合は出来る限り早い廃車がベストだと言えます。

もちろん初めての廃車でご不安な方にも、経験と知識豊富な専門スタッフが廃車について的確にアドバイス致します。廃車買取査定はもちろん無料なので、廃車をお考えの方は、まずはお気軽にフリーダイアルから電話で問い合わせみられてはいかがでしょうか。