廃車業者を正しく選ぶ3つのポイントと確認すべきチェックポイントを紹介

長年慣れ親しんだ愛車。突然の事故や故障で急に廃車の必要性に迫られる事もあります。また明らかに古くなってきた愛車は、車検期限を境に廃車を決断する事もあると思います。そんな自動車の廃車は、どんな業者に依頼すれば良いか皆さんは詳しくご存知でしょうか?

自動車の購入先については知っていても廃車の依頼先業者って意外と知らない方が多いですよね。

自動車の廃車業者を正しく選ぶポイントは、

  1. しっかりとした広告媒体で営業活動をしている事
  2. 廃車取引についての細かい説明がある事
  3. いくつもの廃車のリセール方法を構築している事

の3つが重要になってきます。

今回は多くの廃車業者から選りすぐりの優良廃車業者を選ぶ為の3つのポイントを詳しくご紹介したいと思います。

廃車を依頼する会社を選ぶときに気になるのが買取金額や安心して任せられるかどうか。これは、廃車業者を選ぶ上で大きな選定基準となります。

この項目では廃車を業者に依頼する前に絶対に確認すべきチェックポイントを3つご紹介します。

廃車買取後に金額の変更はないか

廃車時には買取金額の変更がないかをチェックしましょう。中には、車の詳細を伝えた上で高額買取に合意した金額にもかかわらず、引き渡し当日に「車の状態が思ったよりも悪い」などと理由をつけて減額をし、ただ同然で買い取る業者が存在します。

もちろん故意に買取業者に故障個所や部品取りを隠していた場合は別ですが、小さなキズ等で大きく金額を下げられる場合もあるので注意しましょう。
契約時にお電話等でどういった場合に減額になるかなどは事前に確認して不正な買取を阻止するのも一つの手です。

還付金の有無を確認

廃車買取を依頼する際、必ず還付金の有無を確認しましょう。前述した通り、自動車は廃車するタイミングで還付金が返ってきます。
ただ、廃車価格を還付金を含めての提示額かどうかは業者によって異なります。

例えば1年車検が残っている軽自動車を2つの会社が同じ3万円の買取を掲示したとします。一方は重量税と自賠責保険の還付も含め3万円、もう一方は車だけで3万円だった場合、還付金は別途戻してくれる会社であればプラス1万円以上の価格差が発生します。

還付金を含めた金額提示の方がわかりやすいというメリットはありますが、還付金を含めているかどうかを敢えて言わない業者もいるので注意が必要です。