廃車の委任状はどこで手に入れる?書き方や必要書類をわかりやすく解説

車検

自動車を廃車する為に必要となる抹消手続き。この抹消手続きには大きく分けて「一時抹消」と「永久抹消」の2種類があります。
「一時抹消」は抹消後でも再度登録する事ができる一時的なものですが、「永久抹消」は抹消してしまうと再登録不可となります。
今回はこの2種類の「抹消」の違いやそれぞれのメリットデメリット、について紹介します。

最後には、一時抹消と永久抹消、それぞれ選ぶべきシーンを解説しているので、こちらも合わせて一読ください。

そもそも抹消登録とは?

「廃車」と聞けばどういうものか簡単にイメージ出来る方は多いと思いますが、「抹消」と聞いて自動車のどういう手続きかをイメージ出来る方は少ないのではないでしょうか。抹消を考えていくうえで、まずは自動車検査登録制度について説明します。

日本国内の自動車は登録されている

日本国内に存在する自動車は、普通車であれば陸運局軽自動車であれば軽自動車検査協会に、その車の情報が登録されています。

登録されている情報は、その車の所有者や使用者、また排気量や大きさ等、事細かに定められています。例えば新車を購入した時は「新車新規登録」を行い、中古車を購入した時は「中古車新規登録」を行うことによって、その自動車が登録される訳です。

また普通車であれ軽自動車であれ、自動車を登録するには自動車として国が定めた基準を満たしている必要があります。

この基準を満たしているかどうかの検査に合格する事で、はじめて自動車の登録が完了します。この検査は「車検」と呼ばれ、一般の自動車ユーザーにも馴染み深いのではないでしょうか。

抹消登録とは、登録されている自動車の情報を消し去る事

前述の通り、自動車は陸運局や軽自動車検査協会に管理されています。抹消登録とは、陸運局や軽自動車検査協会に登録されている自動車の情報を消し去る事を言います。

ではこれを踏まえたうえで、「一時抹消」と「永久抹消」の違いを説明していきます。

一時抹消登録とは?

自動車の登録を行うと、登録した証として自動車検査証(車検証)とナンバープレートが発行されます。一時抹消登録は、発行されているこの車検証とナンバープレートを返納して、公道を走れない状態の自動車にする事を言います。
一時抹消登録は読んで字の如く、一時的に登録を抹消するだけなので、再度新規登録を行えば公道走行も可能となります。自動車は一見するとナンバーが外れているだけの状態で、もちろん解体まではしなくてもいいのです。

一時抹消登録のメリット

自動車税の課税対象から外れる

軽自動車であれ普通自動車であれ、自動車を「所有」していると毎年自動車税が課税されます。一時抹消登録を行うことにより、公道の走行ができなくなりますので、自動車税の課税対象から外す事ができます。
自動車税は4月1日から翌年3月31日迄の期間に課税されています。年度の途中で一時抹消登録を行えば、3月までの納付済みの自動車税の月割での還付を受ける事ができます。

月割なので、3月中に抹消登録を行った場合は還付金はありません。また自動車税の還付が行われるのは普通車のみで、軽自動車の自動車税の還付は行われません

自賠責保険の還付金が受け取れる

日本国内で公道を走行する為には、強制加入保険である自賠責保険に加入する必要があります。つまり次回の車検期日までは、確実に自賠責保険に加入している状態で、自賠責保険料は保険加入時に一括払いとなっています。

一時抹消登録を行うと、公道走行ができなくなりますので、必然的に自賠責保険も不要となります。

車検期間が残っている自動車を一時抹消登録する事により、自賠責保険の解約を行う事ができます。自賠責保険を解約すれば、支払い済みの保険料を月割で還付してもらう事ができます。

関連記事:廃車時の自賠責保険を解約する方法・返戻金の計算方法を徹底解説!

再登録可能

一時抹消登録は一時的に登録を抹消するだけで、自動車の解体を行いませんので、自動車として再登録が可能です。

再登録ができない永久抹消登録との大きな違いがここにあります。

関連記事:廃車を再登録する方法

一時抹消登録のデメリット

自動車を保管する敷地が必要

一時抹消登録は、基本的には再登録する事が前提の制度ですので、解体屋さんに持って行かない限りは自動車の解体は行われません。自動車自体は一見するとナンバーが外れているだけの状態です。

自動車は公道を走れませんが、自動車を保管しておく敷地が必要となります。

自動車重量税は還付されない

一時抹消登録は自動車の解体を行いませんので、車検期間が残っている自動車の一時抹消登録を行ったとしても、車検時に納付済みの自動車重量税は還付されません

永久抹消登録は解体が済んだ状態ですので自動車税の還付が行われます。

一時抹消登録にはこのようなメリットとデメリットが存在します。
一時抹消登録は再登録が前提ですので、自動車自体にまだ価値があり、再度登録して公道を走行する可能性がある時や税金対策などの為にこの申請をします。

このような理由から、例えば中古車販売店に展示されている自動車の多くは一時抹消登録がなされていますので、一時抹消登録された自動車のイメージがつかみやすいのではないでしょうか。

自動車は所有しているだけで自動車税が課税されますので、自動車税の課税対象から除外できるだけでも自動車販売店にはメリットがあります。

販売した自動車は、整備をして中古車新規登録を行うことにより公道走行が可能となりますので、展示車両を一時抹消登録する事は理に適っていますよね。

永久抹消登録とは?

永久抹消登録を行うと、今後自動車として再登録をして公道を走行する事が出来なくなります。一時的な抹消登録とは違い、永久に自動車としてあった登録を抹消しますので、自動車としての再登録が不可となります

一般的な「廃車」のイメージは自動車を解体してスクラップにする事ではないでしょうか。永久抹消登録をする事は、一時抹消登録よりもこの「廃車」のイメージに近いといえます。

年式が古い車やかなり走行している車、また故障や事故をしている車等、中古車の売買市場で自動車としての価値が無くなった車は、自動車の解体をしてから永久抹消登録を行います。

例えば年式が割りと新しい事故車の場合、その修理費用が中古車市場の売買価格を上回るほどかかるのであれば解体されます。

逆に中古車市場の売買価格よりも修理費が下回るのであれば、解体されずに補修や修理が行われることもあります。

自動車は多くの部分が鉄で出来ていますので、自動車としての価値が無くなったとしても「鉄」としての価値があります。

車輌によっては、自動車としての価値よりも鉄としての価値が高くなるものもあります。このような車はもちろん最終的に永久抹消登録がなされます。

また、工業製品である自動車は2~3万個の部品によって構成されています。年式が新しい車や人気車種で永久抹消登録され解体された車は、この部品一つ一つに価値があり、中古部品として流通します。

では永久抹消登録を行う場合のメリットとデメリットをみていきましょう。

永久抹消登録のメリット

自動車税、自賠責保険の還付金が受け取れる

自動車を使えなくするという部分では一時抹消登録と全く同じなので、永久抹消登録を行った場合でも、既に納めてある自動車税の還付を受ける事ができます

また車検が残っている車輌を永久抹消した場合は、支払い済みの自賠責保険金の還付も受ける事ができます

もちろん還付金は月割り計算なので、1ヶ月以上の過払い期間が残っている必要があります。軽自動車は自動車税の還付対象外です。

関連記事:廃車の還付金はいつ戻る?還付金の種類別でみる返金期間と申請方法を解説

自動車重量税の還付金を受け取れる

車検期間が残っている自動車の永久抹消登録をすると自動車重量税の還付金を受けとる事ができます。この点は一時抹消登録と大きく異なります。

自動車重量税は一般的に、車検を受験する際に自賠責保険と一緒に車検期間分を納付しますので、いつ納付しているのかなかなかピンとこない税金です。

自動車を解体する事が前提の抹消ですので、自動車としての姿形は無くなります。この為、自動車重量税の課税対象から外れますので、納付済みの自動車重量税が還付されます

還付金の計算は月割りで行われますので、こちらも1ヶ月以上の過払い期間が残っている事が条件となります。

関連記事:車検が残っている車を廃車するとお金が戻って来る!重量税還付金とは?

自動車の保管場所が不要となる

永久抹消登録は、自動車が解体され中古部品や鉄スクラップになりますので、そもそも自動車を保管する場所が不要になります

再登録する事が前提の一時抹消登録であれば、保管する自動車の場所や、自動車自体への損傷や故障にも気をつける必要がありますが、自動車を解体すればこれも不要となります。

永久抹消登録のデメリット

解体してからの申請となる

永久抹消登録は、自動車を解体する事が前提条件となっています。

つまり解体してからでないと、申請をすることができません。

例えば自動車税の課税を避けるため年度末の3月末に業者に持ち込んでも、繁忙期のため、場合によっては解体が4月になる可能性もあります。その場合は永久抹消の申請も4月以降しかできないため課税されてしまいます

自動車として再登録が不可となる

永久抹消登録を行ったあとに、再度自動車として新規登録する事は基本的に不可となります。この点は一時抹消登録と異なります。解体を行うため、自動車としての価値は全く無くなります。もし永久抹消登録を行った自動車を、再度新規登録しようとすれば、全く新しい自動車を登録する程度の労力を要します。

このように、永久抹消登録は自動車としは再利用が難しく、自動車としての価値がなくなった場合に行われます。自動車を解体してスクラップにする。

正に「廃車」のイメージ通りの手続きかもしれません。
永久抹消登録は、自動車の終着点といえる自動車解体業者が専ら行っています。

自動車解体業者でもある廃車本舗は、全国に3箇所もの自動車解体工場を有していますので、最後の解体まで自社工場で行える強みがあります。

このように廃車本舗の高価買取の秘密は、自社工場で解体迄を行い、余計な中間マージンを省ける事にあります。

一時抹消登録と永久抹消登録の選び方を利用シーン別に紹介

ここまで一時抹消登録と永久抹消登録についてをご紹介しましたが、ここからは具体的に一時抹消と永久抹消のどちらの処理を選ぶべきかを、利用シーン別に紹介します。

 

「税金だけかからないようにしたんだけど、どうすればいいの?」

「私有地で保管している動かない車を処分したいんだけど、どっちを選べばいいの?」

とお悩みの方は参考にしてください。

一時抹消登録を選ぶべきシーン

一時抹消登録を選ぶべきシーンは以下の通りです。

 

  • 乗っていない車に税金がかかり続けている場合
  • 今後乗る予定だが都合により長期間乗れない、または乗らない
  • 登録情報だけ抹消して車は置いておきたい

 

メリットでもお伝えした通り、一時抹消登録は一時的に車の登録を抹消する手続きです。
そのため、「今後も乗るかもしれない」とお考えの方は一時抹消登録を選びましょう。

また、一時抹消登録を行った後も再登録、または永久抹消を行うことができます。
「とりあえず税金だけでもかからないようにしたい」とお考えの方はまず先に一時抹消登録をオススメします。

関連記事:自分で簡単に出来る廃車手続き徹底ガイド

永久抹消登録を選ぶべきシーン

永久抹消登録を選ぶべきシーンは以下の通りです。

 

  • 事故によるボロボロの車を保管している
  • 長年放置していてエンジンのかからない車を処分したい
  • 中古車として買い取ってもらえなかったために処分したい

 

永久抹消登録は基本的に「車を解体して処分したい」場合に行う手続きです。ですので、上記のように「動かない車を処分したい」や「事故車を処分したい」といった理由がある場合は永久抹消を選びましょう。

 

また、永久抹消を自分で行う場合は手続き書類に加え、不動車は数万円でのレッカーをよび、解体まで全て自分で手続きしなければなりません。

 

しかし、廃車買取を行っている業者に依頼すれば、手続きを無料で代行してくれるだけでなく、鉄クズ同然の廃車を買い取ってくれるので、買取代金ももらえます。

ちなみに廃車本舗では、大破した事故車でも数万円で買い取った事例がありますので、参考にしてみてください。

廃車本舗の高額買取事例

廃車を業者に依頼する際のQ&A

まとめ : 一時抹消登録と永久抹消登録

廃車とは切っても切り離せない抹消登録。このように抹消登録には大きく「一時抹消登録」と「永久抹消登録」があります。

どちらの抹消登録にもメリットデメリットがあり、廃車にする自動車の状態や程度、状況によってどちらかの抹消登録を行いましょう。

廃車買取専門業者の廃車本舗は、煩雑な抹消登録の申請を無料で行っています。更に全国3箇所の自社解体工場を有していますので、廃車に関する事は入り口から出口まで全力サポートが可能です。