スクラップは廃車専門店に任せよう!必要な手続きを徹底解説

自動車リサイクル

廃車と聞いてまずスクラップをイメージする方がほとんどではないでしょうか。壊れた車を大きな機械で圧し潰して・・・。はい廃車完了!もちろん最終的に廃車は自動車の解体やスクラップを行いますが、じつはそれだけが廃車ではありません。

実は廃車とスクラップは全くの別物。廃車は手続きで、スクラップは作業になるので、全く異なるものなのです。

これを混同させてしまい、「廃車をしてからスクラップ?それともスクラップしてから廃車?」と何から始めればいいかわからない方も多いでしょう。

そこでこの記事では、古い車の廃車・スクラップを考えている方に、費用をかけずにお金ももらえるお得な方法をご紹介します。

スクラップor永久抹消申請=廃車

自動車は物理的にまず解体スクラップを行い、更に書類的に永久抹消申請を行う事で初めて「廃車」が完了します。電化製品のような大型ごみは捨てれば処分完了ですが、自動車は解体を行いスクラップにしただけでは処分完了となりませんので、この点は注意が必要ですね。

また、事故や故障で車が動かなくなった場合に、車屋さんから廃車ですねと言われたら、スクラップをイメージしがちですよね。実際には一時抹消も書類上は廃車と言えますので、スクラップにせずに修理や補修を行い再度商品化される場合もあります。

この記事の内容が難しい方は?

中古車・廃車の買取を専門で行っている廃車本舗へお問い合わせ下さい。面倒な廃車手続きを代行させて頂きます。お電話の場合は0120-788-100 まで。メールで愛車の査定を希望される方はこちらから。廃車予定の事故車などが思わぬ高額買取となる場合もあります!

中古車・事故車・不動車・高年式・ボロボロの車も買取実施中!
買取価格を無料査定でチェック

廃車はスクラップだけじゃない?実はお金になるその仕組み

 

長年乗ってきた車が「廃車ですね」と言われると、一気に価値がなくなったかのように思われるかもしれません。

しかし実際には、「廃車」になっただけで車の価値がなくなるわけではありません。

・廃車のパーツをとる
・修理して中古車として再販売する

不動車や事故車をディーラーに持っていくと多額の修理費用を提示され、挙句の果てには「新しい車をうちで買い換えてください」nなんて言う始末。「じゃあ廃車で…」となくなくの選択肢として選んでいる人も多いでしょう。

しかし、廃車は使い方によってはお金になるんです。その仕組みをご紹介します。

1.廃車のパーツ取り

皆さんは軽い故障や軽い事故などで車のパーツ交換などされたことはないでしょうか?
例えば、『車検時に年数が経ってバッテリーが弱ってきたので新しいバッテリーに変えた・事故でライトが破損/欠損したため新しく装着』
このような経験をされている方は少なくないと思います。
ディーラーで修理・メンテナンスをされてる方は交換部品が新品のものが多いかもしれませんが
もうすでに生産終了されている車の場合や
ディーラーではなく他の修理会社やもちろん個人レベルでの付け替えの場合はメーカーから直接購入は難しい(もしくは費用が高い)ため
中古であってもパーツ部品の需要があります。

以前は解体業者などから中古部品販売のネットワーク(店舗)を持つ法人に販売していましたが
近年は急速にインターオークションや個人の販売サイトが普及しているため
解体業者からも直接インターネット販売をしている会社が多くなってきており一般ユーザーでも一部パーツの高価買取が可能です。

2.修理して中古車として再販売する

廃車は修理をして再販売することも可能です。例えば、エンジンが動かなために廃車となった車は、必要な部品を取り替えることで、以前のように道路を走行できます。

部品を取り替えただけの車はそれほど損傷もないために、中古車として再販売できます。廃車=価値がなくなったと思われがちですが、そういうわけではありません。

しかし、廃車を持っていく場所によっては、無料引き取りやスクラップ費用等を支払わなければならない場合もあります。

そんな時は廃車買取専門店に持っていきましょう。廃車買取専門店を利用することで、価値のつかないはずの車を相場よりも高額で買い取ってくれます。どんなにボロボロの車や事故車、不動車でも対応可能。

古い車を手放したいなら、一度廃車買取専門店に相談してみてはいかがでしょうか。

この記事の内容が難しい方は?

中古車・廃車の買取を専門で行っている廃車本舗へお問い合わせ下さい。面倒な廃車手続きを代行させて頂きます。お電話の場合は0120-788-100 まで。メールで愛車の査定を希望される方はこちらから。廃車予定の事故車などが思わぬ高額買取となる場合もあります!

中古車・事故車・不動車・高年式・ボロボロの車も買取実施中!
買取価格を無料査定でチェック

3.観賞・展示用

希少価値のある車のみの対象にはなりますが、古い車であっても観賞用での需要もわずかにあります。例えば、昭和の時代に作られた保存状態の良い車、生産台数が少ない限定生産のモデル、映画で使用されたものや漫画に出てきた車(特にスポーツタイプの車)などは乗る目的でなくとも需要がある場合もあります。
ですが、一般的には値段の提示がしにくい車になるので買取となると買い手になるマニア層を探しての交渉になるためなかなか販売ルートの確保が難しいかもしれません。