13年を超えると古い車にかかる税金は上がる?

自動車に直接課される税金は「自動車税」「自動車重量税」「自動車取得税」の3つがある事は、自動車を所有する方ならもちろんご存知のはず。実はこの「自動車税」と「自動車重量税」に関しては、新車から13年経過すると税額が自動的に上がってしまいます。

今回は自動車に課されている税金について、重課される場合や優遇される場合を詳しくご紹介します。

13年を超えた車にかかる税金はいくらになる?

環境保護の観点から、一定の年数が経過し環境への負荷が大きくなる自動車には税額が重課されます。

自動車税のグリーン化と呼ばれるこの制度によって、新車から13年が経過したガソリン車及び11年経過したディーゼル車の「自動車税」と「自動車重量税」の税額が約15%上がります。

古い自動車を所有していると、ある年から急に税額が上がるのは、この制度が原因となっています。
これとは逆に、環境への負荷が小さい低燃費車は税金が免除されたり減額されたりとかなり優遇されています。

→車の維持費とそれを下げる裏技紹介

税金が免除となる車とは?

具体的には、次のような税金優遇制度があります。

エコカー減税

環境に配慮した排出ガス性能や燃費性能の優れた自動車に関して、「自動車重量税」と「自動車取得税」が新車取得時免除されます。電気自動車やプラグインハイブリッド車、天然ガス自動車・燃料電池車・クリーンディーゼル乗用車等がこの制度の対象となります。ガソリン車であっても、排ガス性能により税額が軽減されます。

中古車特例

上記エコカー減税の対象となっている中古車を取得する時に、「自動車取得税」が優遇されます。エコカー減税で取得税が免除となっている対象車であれば、車両取得価額から45万円の控除が受けられます。またガソリン車であっても、達成している排ガス性能と燃費基準により、段階的に取得価額から税額控除を受ける事が出来ます。

グリーン化特例

環境に配慮したエコカーを新規(新車)取得した翌年度分の「自動車税」に限り税額が約75%軽減されます。この制度は中古車を取得した際には適用されません。また、新規取得した翌年度のみ適用される特例です。

なぜ税金が上がるのか?

環境省主導の元、一定の燃費基準と排ガス基準を達成した自動車については、税金が優遇されます。

これは欧米諸国の車体課税方法に見習った車体課税のグリーン化政策の一環として行われています。環境に対する配慮を自動車を通して行う事が目的となっていますので、環境に優しいとされるエコカーが優遇されます。

参考:
軽自動車エコカー減税
自動車関係税制について

対して環境性能が低く、環境への負荷が上がる古い自動車については重課税が行われます。
新車登録から13年を経過したガソリン車と新車登録から11年を経過したディーゼル車が重課税の対象となります。もちろん重課税の対象は軽自動車と普通車の両方となります。

13年を越える前に廃車がおすすめ!

自動車税と自動車重量税の重課は、ガソリン車なら新車から13年、ディーゼル車なら11年を経過すると自動的に始まります。もちろん自動車が動こうが動かまいが重課税の対象となります。

2つの税額が同時に上がれば結構な額となりますので、もし廃車を検討している場合は、自動車が13年経過する前に廃車を行う事がベストな選択だと言えます。
廃車を行う場合は、迷わず廃車の専門業者である廃車買取業者に依頼しましょう。

廃車に関する煩わしい書類手続きはもちろんの事、引き取りや解体まで無料で行ってもらえます。

特に廃車本舗には、全国3か所に自社解体工場を有していますので、余計な中間マージンが無く、不動車であっても買取価格が付く事もあります。もちろん全国幅広く無料引き取り無料査定エリアがありますので、お気軽に無料査定をお待ちしています。