10年落ちの古い車、ボロボロの車、置きっぱなしの車の廃車方法

いつか廃車しようと思って放っておいた古くてボロボロの車。もちろんエンジンもかからず、ボディは錆びだらけで、車内は掃除もせずに汚れ放題。

乗らなくなった自動車を放っておくと、往々にしてこんな状態になってしまいます。

しかし廃車にしないと自動車には税金がいつまでも課税されてしまいます。

今回はそんなボロボロになってしまった放ったらかしの車の最もお手軽でおススメな廃車方法をご紹介します。

ボロボロの古い車を廃車する方法

10万キロを越えた過走行の車や、10年落ちの高年式の古い車等、ボロボロの車の廃車方法は大きく2つの方法があります。それは廃車買取業者に依頼する方法と、自分で廃車をする方法です。この2つの廃車方法を具体的にみていきましょう。

廃車買取業者を利用する

ボロボロになった車の最もおススメの廃車方法です。廃車には費用がかかると思われがちですが、廃車買取を専門に行う業者に廃車を依頼すれば、書類の申請費用を含む基本的な廃車費用は無料で行ってもらえます。もちろん、不動車であっても引取費用は無料になりますので、余計なレッカー費用の心配も無用です。更にボロボロの車でも、買取価格が付く事もあります。

 

自分で廃車する

自動車の廃車は専門業者ではなくとも自分で行う事が出来ます。必要書類を揃えれば、最寄りの陸運局で廃車手続きが出来ます。ただ自動車の解体費用や、不動車の場合はレッカー費用が必要となります。

どうして古い車が売れるの?

一見すると自動車として価値の無いボロボロの車にも、実は自動車以外の使い道もあります。

自動車はその多くが鉄で出来ていますので、ボロボロになっても最終的には鉄スクラップというリサイクル資源としての価値が残ります。更に、自動車は数万点のパーツから成り立っていますが、このパーツ一つ一つに中古パーツとしての価値があります。

また、日本車はその高い品質から世界中で中古車ニーズがあり、日本では値段が付かないような古くてボロボロの車でも、海外では高く評価され輸出されています。

このような換金方法がありますので、廃車買取業者はボロボロになった古い車を買い取る事が出来ます。

古い車・ボロボロの車を廃車にするなら買取業者がオススメ

どんなボロボロの車であっても自分で廃車をする事はできますが、やはりお勧めは無料で廃車が出来る廃車買取業者に依頼する方法です。

特に廃車本舗には全国3か所に自社解体工場があり、余計な中間マージンを省く事で高価廃車買取を実現しています。廃車買取の査定は無料ですので、まずは気軽に依頼してみてはいかがでしょうか。