古い車を買取してもらう方法

新車から10年・10万キロ以上乗ってそろそろ買い替え時に来ている愛車。見た目も傷や凹みでボロボロ、掃除をしていない車内も汚れ放題。車を乗り換えるのはいいけど、車の処分にかなりお金がかかりそう。
ボロボロになるまで乗った車を乗り換える時に、こう思う方は意外と多いかもしれません。
しかし、一見すると価値な無いように見えるボロボロの車でも買取価格はつくんです。今回はボロボロになった古い車を買い取れる理由とその方法についてご紹介します。

古い車とは?買取価格がつかないものがほとんど

古い車の明確な定義はありませんが、概ね新車から10年以上が経過しているものや、走行距離が10万キロを超えているものをイメージすると良いかもしれません。
こういった車両は、ボディーに傷や凹みや塗装の色あせがあったり、内装に汚れが目立ったり、機関系の故障リスクが上がります。
その為、一般的な買取店では買取価格がつかいない場合がほとんどです。

古い車を買い取ってもらうには?

自動車と言えばまず真っ先に思い浮かぶのが、大通り沿いに店舗を構えた新車ディーラーや中古車販売店ですよね。もちろんこれらの店舗に古い車を持ち込み廃車を依頼すれば、快く引き受けてもらえるでしょう。
ただしこういったお店は、特に古くなってボロボロになった自動車になるほど、買取価格は付かずにむしろ廃車費用が必要になる事があります。
→ディーラーでは廃車の買取をしてもらえる?

そこで古くボロボロになった車の廃車方法でおすすめなのが、廃車買取専門店に依頼する事です。廃車買取専門店は大通り沿いに店舗を構えている事は稀ですが、インターネットから簡単に査定依頼や買取依頼を出す事が出来ます。

古い車でも買取できる2つの理由

一見すると自動車としての役目を終え、全く価値が無いように見える古くてボロボロになった車。ではなぜ、廃車買取専門店はこういったボロボロの車でも買い取る事が出来るのでしょうか?
その秘密は、廃車買取専門店は次のような方法で利益を上げる事が出来るからなのです。
→廃車買取で利益を得る仕組みとは?

海外輸出

高い品質や安全性能で信頼を得ている日本車は、海外でも非常に人気があります。その為、日本国内で乗り潰されたように見える古くてボロボロの車であっても、海外に輸出することで高値で取引されます。
特に人気のある特定の車種や特定の年式に限定すれば、驚くような高値が付く事もあります。

解体

古くてボロボロになった車や故障や事故で動かなくなった車は、自動車としての価値が無くなっているものももちろんあります。しかし。こういった車を解体すれば、鉄スクラップとして売却する事が可能になります。また、自動車を解体しまだ使える部品を中古部品として販売する事も、廃車買取専門店が古い車を高値で買取る事が出来る秘密の一つです。

古い車の買取は廃車買取業者がオススメ!ただし注意点も

このように、古くボロボロになった車でも高値で買い取る事が出来るのは、ちゃんとした理由があります。ただ、廃車買取専門店の全てが高値を付けられる訳ではありませんので、業者選定は注意が必要です。
廃車本舗には全国3か所に自社解体工場があるので、他社に比べ余計な中間マージンが無くより高値での買取を実現しています。また、アジア圏を中心とした独自の輸出ルートを構築し、中古車はもちろん中古パーツの輸出も行っていますので、安定した高価買取のスキームが出来上がっています。
廃車本舗の買取査定はもちろん無料です。まずは下記リンクから無料買取査定を依頼してみてはいかがでしょうか。