廃車の走行距離・年数の目安と基準は?

廃車された後のタイヤのフレーム

車の廃車を検討している人はそのタイミングに迷うケースがあります。そのため、廃車の走行距離・年数の目安と基準は気になるところでしょう。しかし、その基準はさまざまであり、廃車するタイミングを決めることは簡単ではありません。そこで、一般的な廃車するときの目安、車の寿命、実際に廃車した買取事例を中心に解説します。

廃車するときの目安は?

まずは一般的な廃車の目安といわれる3つの例を紹介します。

走行距離で考える廃車のタイミング

一般的には走行距離が10万キロを超える場合、廃車するタイミングといえるでしょう。しかしそれは、日本の考え方です。海外では車の走行距離が10万キロを超えることは珍しくありません。ただ、たとえ走行距離が10万未満でも、メンテンナンスが行き届かくエンジンなどの故障が多い場合は廃車を視野に入れましょう。

使用年数で考える廃車のタイミング

そもそも使用年数とは、新車の新規登録時点(最初の新規検査)からカウントします。たとえば、4年落ちの中古車を7年間使用した場合、使用年数は「4年+7年=11年」になります。

使用年数で考える廃車のタイミングの具体例は次のとおりです。

  1. 使用している車種が生産中止となった場合
  2. 使用年数に伴い増税される場合

使用年数が10年、15年と経ち、使用している車種が生産中止となった場合は廃車するタイミングでしょう。たとえば、部品交換をするにしても生産中止となった車種に対応する物を入手するのは困難となってきます。それでは、車をメンテナンスするのに支障をきたしてしまいます。

使用年数に伴い増税される税金の種類は自動車税、軽自動車税、自動車重量税です。それでは、詳しくみていきましょう。

自動車税

そもそも自動車税は軽自動車を除いた車に対して課税される税金です。自動車の種類に応じて、次のとおりです。

自動車の種類 バス・トラックの税率 その他の税率
ディーゼル車 新車新規登録から11年を経過する自動車 おおむね10%重課 おおむね15%重課
ガソリン車,LPG車 新車新規登録から13年を経過する自動車

(出典:宮城県-「自動車税のグリーン化(重課・軽課)について」

重課とは、たとえば新車の自動車税が1万円の場合、15%重課なら「1万円×(100%+重課15%)=1万1,500円」に増税されることを意味します。

軽自動車税

軽自動車税は軽自動車に対して課税される税金です。車の種類と最初の新規検査をした日に応じて、次のとおりです。

車種区分 税率(年税額)
平成27年3月31日までに最初の新規検査をした車両 平成27年4月1日以後に最初の新規検査をした車両 最初の新規検査から13年を経過した車両
  軽自動車   三輪 3,100円 3,900円 4,600円
  四輪以上   乗用    営業用 5,500円 6,900円 8,200円
   自家用 7,200円 10,800円 12,900円
  貨物用    営業用 3,000円 3,800円 4,500円
   自家用 4,000円 5,000円 6,000円

(出典:横浜市-「平成29年度税制改正について」

自動車重量税

自動車重量税は車検をするタイミングで車の重量に応じて課税される税金です。エコカーを除いた自家用車を例にすると次のとおりです。

1年自家用(継続検査等時)
車両重量 通常の税額 13年経過 18年経過
0.5t以下 4,100円 5,700円 6,300円
~1t 8,200円 11,400円 12,600円
~1.5t 12,300円 17,100円 18,900円
~2t 16,400円 22,800円 25,200円
~2.5t 20,500円 28,500円 31,500円
~3t 24,600円 34,200円 37,800

(出典:国土交通省-「27年度税制改正に伴う自動車重量税の税額の基本的な考え方」

維持費用で考える廃車のタイミング

そもそも車の維持費用はおもに次のものが挙げられます。

  • タイヤの交換費用
  • バッテリーの交換費用
  • タイミングベルトの交換費用
  • ブレーキパットの交換費用
  • ブレーキフルードの交換費用
  • ワイパーゴムの交換費用
  • エアコンの修理費用

これらの費用は仮に消耗しなければ、負担する必要はありません。しかし、必ず負担しなければなれない車の維持費用が存在します。それが車検代です。現実に消耗しているかどうかに関係なく、基本的に2年おきの車検を避けて通ることはできません。車検費用はおもに3つに区分されます。

  • 法定費用:自動車重量税、自賠責保険、印紙代
  • 車検基本費用:業者へ支払う点検費用、事務手数料
  • 部品交換費用:車検に伴う各種部品の交換費用

車の寿命は何で決まる?

今の車に愛着がある人なら「できれば寿命まで乗り続けたい」というのが本音ではないでしょうか。そこで、車の寿命の決まり方について説明します。

自動車メーカーが考える寿命

寿命の考え方はメーカーの経営理念や経営戦略によって決まってきます。考え方は大きく分けて2つあります。

  1. 耐久性を重視する
  2. コスト削減を重視する

1については、耐久性を追求するために寿命が長くなる傾向にあります。その場合、開発の手間やコストを惜しまないのが特徴でしょう。たとえば、ホンダ(HONDA)は「技術屋集団」といわれています。開発の過程で試行錯誤を重ねて、低公害エンジンCVCCを開発し、世界で初のアメリカ大気浄化法案をクリアした実績があります。

2については、コストを削減するために部品を安価の海外から調達したり、下請け企業にコスト削減を要求したりします。コスト削減は車の寿命が短くなる傾向にもつながります。

後述する廃車本舗の買取事例がメーカーの考え方を知るための参考になることでしょう。

車のバーツ・部品次第

メーカーは新車を開発、販売し、今までの車種の製造を中止します。そのため、今までの車種が人気車でもない限り、その車に対する車のパーツ・部品の生産も中止するのは当然でしょう。たとえば、10年使用している車の部品が故障したとします。その部品の生産が中止されれば、供給が受けられず、使用不能を余儀なくされます。このように、車の寿命はパーツ・部品に左右されます。

距離や年式だけでは決まらない?

結論から申し上げますと車の寿命が距離や年式だけで決まらないのは当然です。そもそも車の寿命とは耐用年数(使用可能年数)とイコールではありません。たとえば、ガソリン車を使用している人がエコカーや電気自動車に興味があるとします。その場合、欲しい車の価格が許容範囲だったり、エコカー減税や補助金制度を利用できると考えたりする場合、たとえ走行距離が短く、年式が比較的新しくても乗り換えを検討するのではないでしょうか。

要するに車の寿命は耐久性やパーツ・部品だけでなく、本人のニーズが大きく関係します。

廃車を買い取るメリット

買取業者が廃車を買い取るメリットは海外で売れるからです。たとえ事故車であったとしても売れます。特に買取業者は販売ルートを確保しているため、廃車を買い取るメリットを確実に享受できる仕組みができあがっています。

なぜ海外で売れるのでしょうか?その理由を紹介します。

海外で売れる理由

日本の車が海外で売れる理由は、大きく分けると以下の3つです。

  1. 中古車の日本車はニーズがある
  2. 車の部品が売れる
  3. 金属のリサイクルにつながる

車の走行距離10kmを超えることが廃車する目安となるのは日本の考え方です。耐久性のある自動車なら15年以上使用できます。仮に国内での中古車の査定価格が低い、または0円でも、海外で売ることは可能です。たとえば、東南アジアなどではボロボロになった日本車が走行しています。

また、ホンダ(HONDA)エンジンを例にしても、日本製の部品は性能がよいです。海外で車の製造をするために、中古車の部品を日本から調達するは当然でしょう。

車はいろいろな金属で製造されます。その例として、鉄、アルミニウム、銅などが挙げられます。これらの金属はリサイクルが可能です。たとえば、工場の機械やパソコンなどを製造するときの原材料として利用できます。

廃車の走行距離と年式を計算

廃車するタイミングはいろいろな考え方があります。そのため、かえって廃車するタイミングについて迷う人がいるのではないでしょうか。例として、廃車本舗の買取事例を紹介します。

廃車本舗の場合

車種ごとの走行距離と年式で買取事例を見みていきましょう。

車種 走行距離 年式
日産 ブルーバードシルフィ 200000km 2005年
三菱 ランサーセディアワゴン 120000km 2000年
AZ-ワゴン 120000km 1997年
ホンダ フィット 80000km 2003年
スバル インプレッサスポーツワゴン 100000km 2001年
トヨタ コンフォート 10000km 2002年
日産 バネット 60000km 2004年
ホンダ オデッセイ 120000km 2004年
ダイハツ ミラ 10000km 2004年
トヨタ bB 120000km 2001年
マツダ ベリーサ 120000km 2006年
ダイハツ ムーヴ 140000km 2009年
トヨタ イプサム 140000km 2002年
日産 キューブ 120000km 2003年
ダイハツ タント 140000km 2004年
日産 ノート 140000km 2008年
ホンダ オデッセイ 160000km 2004年
マツダ カペラ 90000km 2000年
トヨタ エスティマL 200000km 2004年
三菱 ランサーセディアワゴン 160000km 2003年
三菱 ミニカ 120000km 2005年
トヨタ エスティマT 160000km 2003年
スズキ ワゴンR 140000km 2003年
トヨタ スプリンター 140000km 1997年
AZ-ワゴン 120000km 2003年
スズキ ワゴンR 140000km 1997年
トヨタ クラウン 250000km 1993年
スバル ヴィヴィオビストロ 60000km 1996年
トヨタ ポルテ 180000km 2005年
トヨタ bB 120000km 2006年
ホンダ ライフ 100000km 1999年
トヨタ カローラフィールダー 140000km 2000年
マツダ ボンゴフレンディ 300000km 1997年
スバル レガシィ ツーリングワゴン 180000km 2004年
ダイハツ ムーヴ 200000km 1998年
シボレー クルーズ 50000km 2007年
トヨタ エスティマ 140000km 2002年
ダイハツ ムーヴ 100000km 1999年
フォルクスワーゲン ニュービートル 120000km 2004年
ホンダ フィット 120000km 2002年
ダイハツ ミラ 140000km 2004年
トヨタ ウィッシュ 90000km 2004年
日産 エクストレイル 300000km 2002年
トヨタ クラウン 80000km 1996年
スズキ アルト 50000km 2002年
トヨタ クレスタ 120000km 1994年
スバル プレオ 120000km 2004年
日産 エルグランド 300000km 1999年
スバル レガシィ ツーリングワゴン 160000km 2000年
ダイハツ ムーヴ 120000km 1999年
三菱 ランサーセディアワゴン 180000km 2002年
ホンダ モビリオ 300000km 2003年
トヨタ カムリ 90000km 1998年
ホンダ ステップワゴン 160000km 2001年
トヨタ クラウン 70000km 2007年
フィアット プント 100000km 1999年
トヨタ カローラバン 56000km 1999年

以上の買取事例から廃車の走行距離と年式は次のとおりです。

  • 走行距離:約13万8,000km
  • 年式:2000年~2001年

車種によって走行距離と年式は違いますが、廃車にする大体の目安となるのではないでしょうか?

まとめ:廃車するときの走行距離と年数

走行距離や年数は廃車するときの1つの目安となります。特に使用年数が長ければ、すでに製造中止の部品の故障で車が利用できなくなります。

しかし、走行距離や年数が廃車するときの目安のすべてではありません。たとえば、中古車で我慢していた人が本当に欲しい車がある場合、乗り換えるケースはあり得ます。

廃車するかどうか悩んでいる方は、まずは気軽にご相談ください。

→廃車本舗のQ&A