廃車買取、廃車手続き、出張引き取りは廃車本舗におまかせ | 中古車購入の基礎知識その1

お役立ちコンテンツ

中古車購入の基礎知識その1


①修復歴
修復歴車とは自動車公正取引協議会が定めた9つの部位に関して、交換もしくは修正がなされた車のことを指します。 原因が交通事故に限らず、この部位を修復したものは『修復歴あり』とされます。 ボディのキズやヘコミなどをきれいに直したものや、車体の骨格部位にあたらないフェンダーやドア、ボンネットなどを修復したものは『修復歴あり』とはなりません。
②走行距離
中古車のコンディションを見分ける目安となる走行距離は、車両本体価格にも大きく影響します。 現在市場で販売されている中古車の多くは、オークションを経由して流通しており、概ねどの車両も『走行メーター管理システム』で走行距離がチェックされています。 走行距離は定期点検設備記録簿、個別査定書などで確認できるので販売店に問い合わせみましょう。
③車検
車検とは『自動車検査登録制度』の略で、検査によって品質を保証することを主目的としたものではありません。その車の所有権を法的に認めてもらうための制度としての運用されています。 登録は一定期間ごとの更新が必要で、自家用自動車と自家用軽自動車は初回が3年、2回目以降は2年ごととなります。 車検が切れている中古車の場合は、購入時に車検を通すことになるので、車両本体価格とは別に費用が発生する場合があります。
④中古車価格相場
中古車の価格は年式や走行距離、グレードのほか、ボディカラー、トランスミッションの形式、修復歴など、さまざまな要素をベースに決められています。 車種によって条件が異なることから価格差が生じることがしばしばあります。 これら車両によって異なる価格について、おおよその金額を示したものが相場価格と呼ばれるもので、これを把握することで購入予算の目安が立てられます。
⑤車台番号
車検証にも記載されており、1台1台の車を識別するための固有の番号です。 文字と番号の組み合わせになっていて、同じものがないのが特徴です。 この番号に改ざんの疑いがあると、車検時に検査や登録が受けられなくなります。
廃車買い取りの廃車本舗