廃車買取、廃車手続き、出張引き取りは廃車本舗におまかせ | 廃車手続きを代理で行う際に必要となる委任状の書き方

電話番号 0120-788-100

お役立ちコンテンツ

廃車手続きを代理で行う際に必要となる委任状の書き方

廃車手続きは個人で行うことも出来ますし、車の買取業者や行政書士などにお願いして代行してもらうことも可能です。
ただし、廃車の手続きを代理で進めてもらうためには「委任状」が必ず必要となります。 弊社でも廃車の手続きを代理で行っていますが、その際にも委任状のご提出は必須となります。
今回は、廃車手続きを代理でお願い予定する予定のある方へ向けて、委任状の書き方や入手方法などをご紹介します。

代理人に廃車手続きをしてもらう際に必要な書類

代理で廃車を行う際には、先ほどご紹介した「委任状」と合わせて「譲渡証明書」という書類も必要になることがあります。
委任状は、委任する方と、それを受任する方の住所や氏名を記入します。 譲渡証明書は、車両の廃車処分をスムーズに進める上で、車両の所有権を代理人へ変更するために必要となります。

それぞれの用紙の書き方ですが、2つの注意点があります。

・印鑑は実印で押印する
・記入する名前と住所は、同時提出する印鑑証明と一字一句違わぬように記入する

実際に、弊社「廃車本舗」へ廃車の手続きを依頼いただいた際にお送りしている、「委任状」と「譲渡証明書」の記入見本をご紹介します。
クリックすると大きなサイズで確認できます。

委任状の記入見本

譲渡証明書の記入見本

「譲渡証明書」を記入・提出する際の注意点

譲渡証明書を代理人へ提出すると、後述する還付金を受け取る権利も譲渡することになります。
廃車買取業者などへ依頼する場合、還付金に関する説明がなければ必ず確認するようにしましょう。

委任状・譲渡証明書の記入用紙はどこで手に入る?

委任状の記入用紙ですが、特別決まった専用の用紙があるわけではなく、決められた項目を書いていれば受理されます。
譲渡証明書においては、様式が決まっているため注意が必要です。
それぞれ、廃車本舗のサイトよりダウンロードが可能ですので、ぜひご活用ください。

委任状の記入用紙のダウンロード

[委任状のダウンロード]

譲渡証明書の記入用紙のダウンロード(第21号様式)

[譲渡証明書のダウンロード]

廃車による還付金を代理人が受け取る場合

車検期間が残っている状態で廃車の手続きを行うと、自賠責保険や自動車重量税の一部が還付されることはご存知でしょうか。 それらの還付を受け取るためには、廃車申請時に合わせて還付申請を行う必要があります。 その際にも委任状が必要となりますが、これは廃車手続きの委任状と兼用となります。

加えて、その還付金を代理人に受け取ってもらう場合には、「還付金受領権限の委任状」というものが別途必要になります。
その用紙は、下記URLの国税庁のサイトよりダウンロードすることができます。

[還付金受領権限委任状のダウンロード]

ただし、この記事の前半でも触れましたが、代理人に譲渡証明書をすでに渡してある場合、上記の「還付金受領権限の委任状」がなくても 代理人が還付金を受け取ることができます。

まとめ

廃車の手続きを代理で行ってもらうには特別な用紙がいくつか必要となりますが、いずれもネットからダウンロードできるのでその準備に困ることはないでしょう。
ただし、廃車手続き自体は、慣れていない方であればそれなりに大変な作業となるので、廃車代行のプロに依頼することをおすすめします。
その際、行政書士の方にお願いすると1~2万円程度かかりますので、無料で対応可能な廃車買取業者へ依頼するとよいでしょう。
譲渡証明書は、廃車手続きを進める上で必要となることのある書類ですが、還付金を受領する権利も譲渡することを覚えておきましょう。

廃車買い取りの廃車本舗

トップへ戻る

廃車本舗へ電話