トラックの廃車は走行距離が多くても高く買い取ってもらえる?廃車の目安走行距離は?

トラック 廃車

「走行距離の多いトラックは高く売れるのだろうか?」
「トラックの廃車は走行距離が何㎞からが目安なの?」

日常生活で主に使用される普通車とは異なり、トラックともなると県から県へと一日に何十㎞・何百㎞も移動するのが当たり前です。
それがゆえにトラックの走行距離は100万㎞を超えているものも珍しくありません。

そこで今回は、長距離を走ってきたトラックは高く売れるのか?
トラックの廃車の目安は走行距離何㎞からなのか?などについてご紹介していきます。

トラックを少しでも高く買い取って欲しいという方は、ぜひとも参考にしてください。

トラックの廃車買取金額が高い理由

実は結論から言うと、トラックの廃車は高価買取の可能性を秘めています。
車の中古車市場は今まさに戦国時代を迎えており、状態の良いトラック(10t可動車など)であれば、その買取金額は数十万円の値が付くことも珍しくありません。

また、トラックにはさまざまな種類がありますが、小型トラックよりも大型、ホロ(布)タイプよりもアルミタイプのほうが高価買取につながりやすい傾向にあります。

では、なぜ廃車にも関わらずトラックが高価買取されているのでしょうか?
それは、廃車専門の買取業者では独自の販売ルートを持っているからです。

そもそもトラックというだけで種類の多い普通車よりもニーズが高く、構造を見ても修理がしやすいという利点があるのですが、ここに独自の販売ルートが加わることにより、買取業者としては再販できないというリスクが少ないため、思い切った価格で買い取りができるという訳です。

国内外問わず買い取りをした廃車トラックを、「修理して再販する」「解体して部品でバラ売りする」「壊して鉄の塊として換金する」「需要のある海外へ輸出する」など、あらゆる販売ルートを駆使して廃車トラックの高価買取を実現させています。

トラックは耐久性に優れて長距離でも走れる

みなさんの中には「すでに何万㎞も走行したトラックが高く売れるのか?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか?
確かに車の買い取りにおいては「年式」や「走行距離」が買取価格に大きく影響します。
しかし、トラックにおいてはその常識が覆ります。

なぜなら、トラックとはそもそも郵送や配達をするために作られた車であり、長距離走行に耐えるだけの耐久力が備わっています。

つまり、普通車で10万㎞と言うと過走行車という扱いになりますが、トラックで10万㎞と言うとまだまだこれからという扱いになります。

このような構造上の理由から、トラックにおいては長距離を走った車であっても高価買取が実現するだけでなく、再販後にも十分トラックとしての機能を果たすことが分かります。

ちなみに、日本から中古トラックを輸入している海外諸国では、平気で50万㎞や100万㎞もの距離を走っているトラックはたくさんあります。
車は私たちが思っているよりも耐久性に優れており、定期的なメンテナンスさえしっかりと行っていれば、何十年も頑張ってくれる優等生です。

廃車する場合の目安走行距離は?

結論から言うと、トラックを廃車にする上での走行距離の目安は存在しません
しかしながら、あくまでトラックの安全性を考慮した場合の買い替えという意味においては、トラックを廃車にする目安というものは存在します。

平均値ではありますが、1年間で走行する距離は1万㎞だと言われています。
したがって10年間では10万㎞の走行距離ということになり、過走行車という扱いになるため、そろそろ廃車にして買い替えようかなという流れが一般的です。

しかし、これをそのままトラックに当てはめることはできません。
前述した通り、トラックは長距離走行できる耐久力があるため、10万㎞で廃車にしたというケースは皆無と言っても過言ではありません。

100万㎞走行しているトラックも多いため、単純に走行距離だけでトラックの廃車目安を決めることは難しそうです。
では、どこで廃車の目安を決めればよいのでしょうか?

それは「修理をしても直せない状態」です。
自走できなければ廃車にするしかありませんし、トラックほどの大きさであれば保管場所にも困るため、このようなケースで初めて廃車を検討すれば良いのではないでしょうか。

トラックは海外輸出で高値で取引される

みなさんは日本のトラックは海外で高く売れるという話を聞いたことはありますか?
実はこれは本当の話なのです。
では、なぜ日本のトラックは海外で人気があるのでしょうか?

それは、海外では日本に比べて車検が緩いということが挙げられます。
つまりこれが何を意味するのかと言うと、車の検査が緩いため、日本では走れないと判断される状態のトラックでも、海外ならばGOサインが出るということです。

廃車寸前でも走りさえすれば多少の修理でトラックを走らせてしまうため、普通に自走できるトラックは値段が上がるのも当然のことだと言えます。
このような理由から日本のトラックは海外では高値で取引されています。

また、日本のトラックが海外で高値が付くにはもう1つの理由があります。
それは日本のトラックの製造技術の高さにあります。

輸出先でもある東南アジアなどで見られる荒れた道路でも、日本のトラックであれば難なく走行できますし、多少のことでは故障もおきないため、海外でも日本のトラックの製造技術は信頼されています。
このような理由からも、まだ当面は日本のトラック人気が続くのではと思われます。

事故を起こしたトラックの廃車価値

事故と言っても擦り傷が付いた程度の事故から、トラック同士の大型事故までさまざまありますが、ここではそのすべてのケースを踏まえた上で、事故をしたトラックでも価値があるのかどうかを見ていきましょう。

事故をしてしまった後にトラックの状態をきちんと確かめましょう。

可動・自走できる場合

可動・自走できる状態であれば、事故を起こしていたとしても非常に価値があります

買取価格も期待できるものとなります。

エンジン・足回りにトラブルが見られる場合

エンジンはトラックを動かすための心臓であり、足回りは走行するためには必要不可欠です。

これらの箇所にトラブルがあるということは、トラックとしての価値を大幅に下げる要因となるため、買取価格に大きく影響します。

同じ理由で、シャフトも損傷している場合には買取価格に影響します。

廃車にするための費用を確認する

普通自動車と同じようなサイズの小型トラック(宅配業者のようなタイプ)は、輸送費がかからずに回収が可能なので、買い取りをしてもらえる可能性は非常に高いです。

ただし事故を起こした大型トラックが不動車である場合には、陸送費で5万円以上の費用がかかります。

4t以上のトラックで不動車である場合には引取費用のコストが跳ね上がり、車両の価値よりも輸送コストの方が上回ることがあるため買取自体できないことも多く、買取業者の選定には時間をかけたほうが良いでしょう。

もちろん無事故で可動車のトラックや、軽い事故を起こした程度のトラックであれば、輸送ドライバーが乗って持っていくこともできるため、このケースでは心配いりません。

事故をしたトラックでも買い取りをしてもらえる可能性はあるため、どの買取業者に任せるのかに時間をかけることをオススメします。

まとめ

みなさんいかがでしたでしょうか?

トラックの廃車の際には走行距離ではなく、走行可能かどうかということが重要ということでした。

一般的には事故を起こしたトラックや廃車トラックは買い取りができないというイメージが持たれていますが、実はそうでもないことがお分かりいただけたかと思います。

大切なことは、廃車状態のトラックや事故後のトラックを買い取りしてもらえる業者を自分の手で見つけ出すことです。
どこの買取業者でもあなたのトラックは買取不可だと言われたとしても、決してあきらめないでください。

廃車本舗では、自走できないトラック、事故(火災・水難含む)で損傷の激しいトラック、廃車状態のトラックなど、どのような状態でも買い取りができるのかどうか査定させていただきます。

気になる方は、無料で電話相談も受け付けております。

参考までに、廃車本舗では30万㎞以上もの距離を走行してきた車でさえも、数万円~数十万円で買い取りをした実績もございます。(無料引取は多数実績あり)

詳しくは買取事例をご覧ください。

→買取事例はこちら