故人の自動車の廃車方法と手続きを分かりやすく解説

車検

「相続」とは、亡くなられた方のプラスもマイナスも含めた財産や資産を引き継ぐ事です。基本的には血縁関係にあるご家族を法律で定めた相続人と想定しています。
一般的には土地建物などの不動産は資産だと考えられるのは当然ですが、
意外と車が資産ということをご存知ない方、または資産価値がないと考え手続き簡単と思ってらっしゃる方が多いのです。
ところが!車は資産なのです!※軽自動車は対象外
たとえ市場価値が0円の車でも資産は資産です。ということは『相続』の対象物となりますのでご遺族の方々で相続の手続きを行う必要があります。
陸運支局でその手続きをしない限り、中古車として売ったり(譲渡したり)、もちろん廃車すらできません。
故人名義のままの自動車を廃車にする場合は、相続手続きと廃車手続きの処理を同時にしなければなりません。今回はそんな複雑怪奇な個人名義の自動車の相続と廃車手続きの処理方法について分かりやすくご説明いたします。

この記事の内容が難しい方は?

中古車・廃車の買取を専門で行っている廃車本舗へお問い合わせ下さい。面倒な廃車手続きを代行させて頂きます。お電話の場合は0120-788-100 まで。メールで愛車の査定を希望される方はこちらから。廃車予定の事故車などが思わぬ高額買取となる場合もあります!

相続した車の廃車方法は自動車によって異なる

軽自動車と普通自動車では手続きが全く異なります。簡単な違いは相続対象である資産かそうではないかの違いです

軽自動車は基本的には故人の亡くなった証明の義務はありません。ですが普通車の場合は亡くなった方の証明書や相続人(ご家族)の印鑑証明書などの役所で取得する書類が必ず必要となります。