事故車とは?修理歴と修復歴の定義も解説します!

フロントが損傷しているフィット

そもそも事故車とはどのような状態の車を指しているのでしょうか。
多少のキズやヘコミでも「事故車」となるのか、大きな破損のある車は事故車ではなく「廃車」ではないのかなど、事故車の定義を中心に「修理歴車」や「修復歴車」の違いなども解説していきます。

事故車と修復歴車の違いとは?

事故車とは、その名の通り「事故を起こした/起こされた車」を指しています。
では、修復歴のある車とはどのような状態を指しているのでしょうか。
事故の有無に関係しているのかどうかも見ていきましょう。

修復歴車の定義

「日本自動車査定協会」の定義によると、修復歴車とは

査定士が使用している「査定基準」の中では、事故による減価を適用する条件を、「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に修復歴のあるもの」と規定しています。
引用:「日本自動車査定協会」

とのことです。

つまりこの状態に該当する車であれば、事故を起こした/起こされたに関わらず、修復歴車という扱いになるのです。

修復歴車の例

修復歴車には前述した通り定義があるため、実際の修復歴車の例もご紹介します。
骨格部が損傷との記載がありますが、どの部分でも該当する訳ありません。

具体的には、「フレーム」「フロントクロスメンバー」「フロントインサイドパネル」「ピラー」「ダッシュパネル」「ルーフパネル」「ルームフロアパネル」「トランクフロアパネル」「ラジエータコアサポート」の骨格部に損傷があった場合のみです。

つまり、それ以外の部分で損傷があったとしても修復歴車とは言えないということです。

修理歴と修復歴の違い

修復歴という言葉のほかにも修理歴という言葉があります。
この2つの違いもおさえておきましょう。

修復歴とは前述した通り、前記した9ヶ所の骨格部に損傷が見られ修復した車を指していますが、修理歴とは単に修理をした経歴を指しています。
つまり、同じ修理・修復でも、その箇所が異なれば扱いも変わるということです。

修復歴車にならない例

ではここで修復歴車として該当しないケースをおさらいしましょう。
修復歴とは、車のどの箇所を修復しても該当する訳ではなく、具体的には前述した「フレーム」「フロントクロスメンバー」「フロントインサイドパネル」「ピラー」「ダッシュパネル」「ルーフパネル」「ルームフロアパネル」「トランクフロアパネル」「ラジエータコアサポート」の骨格部に損傷が見られる場合のみを指します。

つまり、エンジンを交換するなどの大きな修理や修復であっても、修復歴には該当しないということです。

修復歴車(事故車)を査定してもらうときの注意

当然ですが、無事故車と比べると事故車や修復歴車のほうが査定時の買取価格は下がる傾向にあります。しかし、事故車と修復歴車では買取価格は大きく異なるため、査定時にはきちんと説明するようにしましょう。

車を売りに出す際に、相手の買取業者も商売ですので、なるべくなら安く買い叩きたいというのが本音です。大なり小なり事故を起こしてしまった「事故車」と主要9ヶ所のいずれかの骨格部分に損傷をきたした「修復歴車」では、その買取価格はときに何十万円も異なることがあります。

ここで重要なことは、前述した事故車と修復歴車の定義をきちんと理解した上で、査定士との交渉を進めていく必要があるということです。
「エンジンを交換しただけなので修復歴ではありません」「バンパーの交換をしただけでフレームは損傷していません」など、ご自身の車の状態に合わせて返答できるように準備しておく必要があります。

事故車は廃車買取業者へ

事故車を買い取りに出す場合、お持ちの車の状態を適切に査定士に伝える知識が必要とされます。また、適切に伝えることができたとしても、事故車に詳しい買取業者でなければ、やはり適正価格で買い取りをしてもらうことはできません。

そういった不安を解消してくれるのが、廃車専門の買取業者です。
事故車・修理歴車・修復歴車を含めた事故車を全般に扱っており、買取実績や査定レベルも専門外の買取業者とは歴然の差があります。

査定料はもちろん、ほとんどのケースでレッカー費用も無料をうたっている買取業者が多いため、事故車を売りに出す際には、ぜひ廃車買取業者をオススメします。

まとめ

今回は事故車の定義をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
修復歴と修理歴では大きな違いがあり、買取価格にも大きく影響するため、何がどう違うのかを詳しく覚えておきましょう。

多少の修理歴がある程度では、買取価格に大きく影響する心配はないため、自信を持って査定に出すことをオススメします。
廃車買取業者は今や全国的に展開されており、電話1本でタイミングさえ合えば即日に査定してもらうことも可能です。
もちろん査定料やレッカー費用の心配もないため、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。