車の廃車をディーラーに依頼するメリットデメリット|安く廃車する方法も紹介

新車を購入し、日頃の点検や整備、車検も依頼し、ディーラーと懇意に長く付き合っている方は少なくはないでしょう。丁寧な接客や対応、行き届いた顧客管理等はディーラーならではのサービスと言っていいかもしれません。自動車ディーラーは主に各メーカーの新車販売を行っていますが、そんな自動車ディーラーにも廃車買取は依頼できるのでしょうか?
今回は自動車ディーラーの廃車買取に関して詳しくご紹介します。

車の廃車買取をディーラーに依頼することはできない

ディーラーでは廃車の買取を依頼することはできません。と言うのも、ディーラーでは廃車の手続き等を代行してくれて、引き取ってくれるだけで買取までは対応していないのです。

さらに、ディーラーは中古車にならない廃車の場合、有料で引き取るケースも少なくありません。

 

その場合、手続き代行と引き取り費用を合わせて3万円以上の費用がかかる可能性があります。

 

そのため、ディーラーに廃車の買取を依頼することはできず、引取を依頼する場合はお金がかかってしまうのです。

ただ、中には廃車時にもらえる税金や自動車保険の還付金をディーラー側が受け取る、という流れで無料で引き取りしてくれる場合があります。

車の廃車をディーラーに依頼するメリット・デメリットを紹介

ここからは、車の廃車をディーラーに依頼するメリット、デメリットをご紹介します。

車の廃車をディーラーに依頼する場合は引取費用を取られることがほとんどですが、それでもメリットやデメリットがあるので、こちらを参考に廃車を依頼するか検討しましょう。

ディーラーに廃車買取を頼むメリット

手続きに安心感がある

しっかりとした店舗や工場を構え、コンプライアンスを重視する自動車ディーラーに廃車の申請を委任するので、廃車の手続き完了まで安心して任せる事が出来ます。

また、ディーラーの担当者も廃車に関して一定以上の知識を有していますので、廃車について自分で調べなくても、詳しく説明してもらうことも出来ます。

新車への乗り換えがスムーズ

新車へ乗り換えをする場合、古い自動車の廃車買取をそのディーラーに依頼すれば、乗り換えが非常にスムーズです。

廃車や新車登録には、印鑑証明書や時には戸籍の附票等、いくつかの必要書類があります。

これらをどちらもディーラーに依頼できれば、書類提出も一度で済みますので負担が少なくなります。

関連記事:自動車の廃車に必要な書類一覧!状況別に必要書類をわかりやすく解説

引き取りに来てもらえる

故障で動かなくなってしまった自動車や、車検が切れて公道を走行出来なくなってしまった自動車でも、ディーラーが所有する自動車積載車で引き取りに来てもらえます。

自動車の引取は本来レッカー車を利用する必要があり、その場合は料金が1万円以上かかる場合があります。中にはレッカー代金をとるディーラーもありますが、個人で依頼するよりは安く済む場合が多いです。

ディーラーに廃車買取を頼むデメリット

廃車の買取価格がつかない

廃車買取だけをディーラーに依頼する場合は、廃車買取価格はほとんどつきません。

というのも、新車販売をメインにするディーラーでは、自社で廃車にする自動車を解体したり部品取りをしたりする事は無く、廃車する自動車に価値を生み出すことが難しいからです。
もちろん自動車自体にまだ価値がある場合は、しっかりとした査定を行い買取価格を打診してもらえます。しかし、年式が古い車や自走不可である車の場合は買取されることはまずないでしょう。

関連記事:故障した車でも下取りに出せる!査定額の目安を徹底解説!

買取価格以上に廃車費用がかかる

廃車買取だけをディーラーに依頼する場合、ほとんどのディーラーでは廃車に関する廃車費用が必要になります。

一般的には廃車買取価格がほとんどつかない為、逆に廃車買取費用を支払う必要があります。

ディーラーに廃車買取を依頼する場合は、このようなメリットとデメリットが存在します。新車購入時等のタイミングで依頼すれば、思わぬ好条件を引き出せるかもしれません。ただ、廃車買取だけを依頼する事は、廃車費用がかかってしまうのでメリットが小さいとも言えます。

ディーラーで廃車する時にかかる費用

ディーラーに廃車を依頼する場合、一般的には以下のような費用が必要となります。

1.書類作成費用及び申請代行費用

自動車の抹消登録には多くの書類が必要です。これらの書類を作成し、陸運局での抹消登録申請を代行する費用です。廃車のメインとも言える事務作業です。

2.レッカー費用

動かなくなった自動車や車検が切れてしまった自動車を引き取りに来てもらった場合にかかる費用です。レッカー費用はレッカーに要した距離に比例して高額になります。

3.自動車解体費用

自動車の解体に要した工賃です。ほとんどのディーラーは解体業者に廃車する自動車を引き渡しますので、解体費用が請求される事は稀です。

4.修理見積もり費用

事故や故障の際、修理見積もりを依頼し、最終的に廃車を依頼する場合は、修理見積もり費用が必要になる時があります。修理に要する費用が高額になればなるほど、見積もり作成に要する時間も膨大になりますので、その作成に対する対価です。見積もり金額の3%程度が見積もり費用の相場です。
ディーラーに廃車を依頼すると、上記1~4の合計額が廃車費用として必要になります。場合によっては、これらの合計が10万円前後になる場合もあります。

車の廃車をディーラーに頼まないお得な買取方法もある

新車購入と同時にディーラーに廃車買取をすれば大きなメリットを得られる可能性がありますが、新車購入の予定がない場合はどうする事がベストなのでしょうか。ディーラーに依頼する以外に廃車をする方法は、大きく次の2つがあげられます。

・自分で廃車する
・廃車買取業車に依頼する

上記2つの廃車方法について解説します。

自分で廃車をする

廃車の申請には大きく分けて「一時抹消登録」と「永久抹消登録」の2種類があります。どちらも最寄りの陸運局で申請が出来ます。

自動車を専門に扱う自動車ディーラーで無くても、書類さえ揃えれば抹消登録は自分で申請をする事が出来ます。

自動車を解体したりスクラップにする場合は永久抹消登録を行います。ただ、自動車の解体は各都道府県から許可を受けた業者にしか出来ません。

許可なく勝手に自動車を解体すれば罰せられますので、自動車の解体は許可業者に依頼する必要があります。とはいえ、解体を無料で行ってくれる業者もあるので、車の廃車をディーラーに依頼するよりはコストを抑えることができるでしょう。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

関連記事:自分で簡単に出来る廃車手続き徹底ガイド

廃車買取業者に依頼して廃車を買取してもらう

廃車だけを依頼するのは、やはり廃車買取を専門にする業者に依頼する事がベストだと言えます。
まず何といっても最大のメリットは、廃車にかかる費用が無料だという事です。

ディーラーに廃車を依頼すれば廃車費用が必要ですが、廃車買取専門業者の場合は、廃車申請代行費用や書類作成費用、またレッカー代も無料で行ってもらえます。

 

もちろん解体費用も無料です。自動車には最終的に鉄スクラップとしての価値がありますので、これらの費用の無料化が実現しています。

 

更にディーラーではつかなかった廃車買取価格が付く事もあります。

動かない自動車や、傷や凹みだらけの自動車であっても、鉄スクラップとしてや部品取り車としての価値はあります。廃車買取専門業者はこういった企業努力により、一見価値の無いような廃車にも買取価格を付ける事が出来ます。

また自動車の廃車には、自賠責保険や各種税金の申請還付等、細かな事務作業が必要です。廃車買取専門業者にはこれら廃車手続きに係わるしっかりとしたノウハウがあり、スキームが出来上がっています。この為、手続きには廃車買取業者ならではの安心感があると言えます。

まとめ:無価値の古い車の廃車はディーラーではなく廃車買取業車に依頼しよう

新車購入を検討している場合は、中古車であればディーラーに買取を依頼すれば最大限のメリットを得られる可能性があります。

しかし、10年、10万キロ以上走っているような古い車や事故車の場合は、廃車買取専門業者に廃車を依頼する事がベストだと言えます。

 

特に廃車買取専門業者である廃車本舗は、廃車の申請費用が無料なのはもちろんの事、全国3か所に自社自動車解体工場を有していますので、余計な中間マージン無く、高値での廃車買取を実現しています。

 

廃車にお金がかかると思っていた故障車でも、思わぬ高値が付く事があるかもしれません。
廃車をお考えの方は、まずは廃車本舗の無料査定を利用してみてはいかがでしょうか。

廃車をご検討の方は当社の高額買取事例をご確認ください。